2010年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2010'07.26 (Mon)

出雲・三瓶山旅行【一日目:出雲】

一週間以上経ってしまいましたが簡単に旅行記をあげておきます。

2010/7/17(土)~7/18(日)
走行距離: 570km(うち160kmをアル姉が運転)
目的地:出雲
燃費:約8.5km/l
車中泊地:
 一日目 道の駅 キララ多伎(島根県)
使用カメラ:ソニーα100(縦横比3:2)+レンズ:SIGMA DC 17-70mm、Panasonic LUMIX FX70


【ルート】細かいトコが違いそうだけど概ねこんな感じのはず
WS000022.jpg

熊野大社
DSC03188s-.jpg

出雲国の一の宮。主祭神は伊邪那伎日真名子 加夫呂伎 熊野大神 櫛御気野命ということはご紹介しましたが、この長い名前は
 伊邪那伎日真名子(いざなぎのひまなご):イザナギが可愛がる御子 
 加夫呂伎(かぶろぎ):神聖な祖神
 熊野大神(くまのおおかみ):熊野に坐します尊い神
 櫛御気野命(くしみけぬのみこと):櫛御気野命
という感じに分解できます。素戔嗚尊のことを詳しく説明した別名なわけですね。こんな風に神様はたくさんの名前を持っているからややこしい・・・。

DSC03159s-.jpg
朱塗りの八雲橋。鳥居を潜ると左手に手水舎があります。

DSC03164s-.jpg
随神門。大きな注連縄が張られている神門でした。

DSC03167s-.jpg
拝殿。こちらも大きな注連縄が張られています。拝礼作法は二礼二拍手一礼。

DSC03169s-.jpg
舞殿

DSC03183s-.jpg
鑚火殿。燧杵・燧臼(ひきりうす・ひきりぎね)が保管されています。燧臼・燧杵というものは、もとは古代の人々が火を熾す際に使った道具のことです。

稲田神社
DSC03174s-.jpg
本殿向かって右側に位置します。境内摂社。
御祭神は
櫛名田比売命(くしなだひめのみこと)  御后神
足名椎命(あしなづちのみこと)  櫛名田比売命の御父神
手名椎命(てなづちのみこと)  櫛名田比売命の御母神
  

伊邪那美神社
DSC03181s-.jpg
本殿向かって左側に位置します。境内摂社。
御祭神は
伊邪那美命(いざなみのみこと)  素戔嗚尊の御母神

稲荷神社
DSC03177s-.jpg
境内の左手にあります境内末社。
御祭神は
倉稲魂神(うがのみたまのかみ)  素戔嗚尊の御子神

DSC03190s-.jpg
須佐之男命の歌「八雲立つ 出雲八重垣 つまごみに 八重垣つくる この八重垣を」の碑

s-P1000278.jpg s-P1000281.jpg
熊野大社の周りはかなり長閑な田園風景が広がっていました。しばしアル先生のお散歩タイムをとりましたが気が遠くなりそうな暑さ・・・。

さて、ここから出雲大社まで宍道湖の北を回りアル姉が運転しました。宍道湖と言えば嫁ケ島ですが・・・3回目のアルキング号運転で必死のアル姉には景色を見てる余裕とかないから、マジで。

出雲大社
DSC03208s-.jpg

御祭神は大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)

DSC03194s-.jpg DSC03198s-.jpg
大鳥居と第二鳥居。今回は車を道の駅 大社ご縁広場に停めて歩いたので立派な鳥居を潜り、松の参道を歩いて参拝することができました。今まで何度も来てるのにいつも神楽殿付近の駐車場に停めていたため銅鳥居を潜っていきなり拝殿に参拝していたのです。せっかくだからちゃんと参道を歩きたいですよね~。

前の記事にも書いたとおり現在平成の大遷宮の真っ最中。

DSC03209s-.jpg
すべての社殿の屋根を葺き替える作業が行われているため御仮殿(元拝殿)以外は見ることができません。裏手にある素鵞社も立ち入りができずアルパパはちょっとがっかりしてました。

DSC03213s-.jpg
八足門。拝殿の奥にあります瑞垣にもうけられた門です。

DSC03215s-.jpg
隙間から覗くと楼門が見えました。ご本殿はそのさらに奥です。

注連縄
大きな注連縄で有名な出雲大社ですが、この注連縄について少し。
DSC03211s-.jpg
ちなみにこれは御仮殿の注連縄ですが神楽殿の注連縄の方が大きいです。撮り損ねたので写真はナシ。

日本では向かって右側が上位であり尊いとされてきました。注連縄を正面から見た場合には、しめ始めは右から(左末右本)というのが一般の神社での慣わし。しかし出雲大社の注連縄は張り方が左右逆で左本右末なんです。綯い始めの太いほうが向って左から始まっていますよね。熊野大社も同じでした。どうやら出雲地方の神社は概ね左本右末らしいです。出雲大社では大国主大神が実は怨霊神でそれを封じ込めるために、現世とは逆の配置になっているという説もありますが胡散臭い・・・(苦笑)

さて、出雲大社への御参りをすませ、本当はこのあと日御碕に行く予定でしたが、連日の大雨で被害が出て通行止めになっているためそのまま宿泊地の道の駅キララ多伎へ向かいました。

道の駅 キララ多伎 http://www.kirara-taki.co.jp/
s-P1000400.jpg
出雲市にある道の駅。国道9号線沿いにあります。
普通車155台・大型車8台
身障者用4台
夏期無料駐車場(約230台)

有名な道の駅で階段を降りると綺麗なビーチが広がっています。コテージやオートキャンプ場もあるようです。興味がおありでしたら↑のURLを覗いてみて下さい

s-P1000377.jpg
↑見晴らしの丘公園のキララコテージ。

s-P1000331.jpg s-P1000384.jpg

車で5分ほどのところに多伎いちじく温泉があり、そこで入浴可能です。この日けっこう暑くてアル姉は熱中症の初期症状のような感じの頭痛と火照りが出ていたのに、温泉に入ったら見事に悪化しました。で、まぁ、頭はガンガンしていたのですけどせっかく綺麗なビーチがあったのでアルを連れてお散歩~。

この日の夜、最初は窓を開けて眠ったのですが、めちゃめちゃうるさいです。車の出入りがかなり激しい道の駅なので人の気配や話し声もすごいし、トラックはエンジンかけっぱなしで停まってるしでこれはもう耳栓必須。夏限定で開放されている駐車場の方が車中泊向きだと思います(夜間は施錠するとありましたが開放されたままでした)

結局夜中になって大きな窓を閉めてベンチレーターを回してみたところやっと眠れそうな気配に。ベンチレーターコントローラー静かだしかなりおすすめ~それでも頭痛で頭が割れそうだったアル姉は浅い眠りのまま睡眠不足の二日目に突入したのでした。

そう言えばベンチレーターと冷蔵庫をつけっぱなしで一晩過ごしましたがサブバッテリー1つで朝まで何とか持ちました。ツイン化の夢が遠のいて行きます・・・。

にほんブログ村参加中。クリックしてくださるとしっぽ振って喜びます
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ 
スポンサーサイト

テーマ : ワンコとおでかけ - ジャンル : ペット

18:45  |  中国  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT