2010年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2010'06.27 (Sun)

まさかの別れ

6/21(月)に仮免が発行され2段階もぼちぼち進んできたのでMT解除のことも考えていたのですが・・・ここへ来てまさかのエボ売却です。

s-IMG_3475.jpg

免許がないと何かと不便だからという気持ちが2割、もう一度エボに乗りたいという気持ちが8割で免許再取得を決めたのに、まさかのお別れです。アルパパは車の売買の決断はかなり早いです。ステージアを売るときも早かったし、アルキング号を買うときも早かった。11年も乗ってきたエボVIならもう少し躊躇があるかと思いきや、売るかもと話してから実際に査定を頼んで売却成立まで数日でした・・・。

s-IMG_3476.jpg s-IMG_3478.jpg

彼が納車されたのは1999年2月25日(たぶん)。当初ちょこちょこ問題があってフロントガラスに亀裂が入ったこともありますが元気なままでここまで来ました。おっさん臭いシルバーでサンルーフがついていたりとなかなか個性的な子です。きっとノーマルでも良い車だったはずですが、どノーマルだったのも束の間、アルパパとチェリッシュのタッグでどんどんいじられていきました。それでも大事にメンテナンスや修理をして乗ってきたのです(長年乗ってればあちこちガタもきます。昨年はトーボードの修理をしたばかり)。今年も普通に車検を受けたのでまさか売られることになろうとは思いもしませんでした。

Lancer Evolution VI GSR (平成11年式)
走行距離 66,000km
【剛性アップ】
 フロントトライアングルタワーバー(クスコ)
 リアタワーバー(クスコ)
 ロアアームバー(マインズ)
 RS純正リアエンドバー
【サスペンション】
 車高調
  3代目:TEIN(型番失念、16段。EDFCにより室内からの減衰力調整可能)
  2代目:OHLINS PCV
  初代:GAB REVOLUTION STROKEII
【吸気系】
 ストレーションサクションパイプ(クスコ)
 ターボパイプ(クスコ:ゴム→アルミパイプ)
 エアクリーナー(K&N:湿式、遮熱版も追加)
 インタークーラー半自動スプレー装置(TOME ENGINEERING EVO WATER Ver.1)
【排気系】
 フロントパイプ(HKS:パイプ径アップ)
 エクステンションパイプ(HKS)
 ハイパーマフラー(HKS)
 メタリットスーパーキャタライザー(ナイトスポーツ)
【追加メーター】
 機械式連成計(HKS)
 電子式油温計(HKS)
 電子式水温計(HKS)
【電気系】
 ECU変更(RALLIART)
 ブーストコントローラー(A’PEXi AVC-R)
 ハイテンションコード(NGK)
 ヘッドランプ(A.P.Rallyコンペハーネスkit:60W→85W・配線強化)
 ターボタイマー(HKS)
【その他】
 燃料ポンプ配線強化
 Sabelt4点式シートベルト
 タイミングベルト交換済み(5万km)
  ブレーキパッドなど

改造費がいくらかかったのか途中から考えなくなったようです。

昨日私が雨の中で半泣きの路上教習をしている間に5社の方がお見えになったそうです。今日になって査定額が全て出揃ったのでそのうちの一社さんとさきほど契約成立。買取査定額というのは会社によって本当にバラバラなのですね~。売却価格は内緒ですが最低と最高で30万円も開きがあって驚きました。上に書いたような改造具合がプラスになるのかマイナスになるのかというと、ディーラーだとマイナスになるという話を聞いたことがあります。可能であればノーマルパーツは保存しておきましょう

s-IMG_3482.jpg
エボVIの運転席です。
さすがに古めかしいですかね。背の低い私にはこのメーター類が死角を増やしてくれて辛かったのを思い出します。11年も我が家にいたけれど、私は免許を失効するまでの4年ちょっとしか乗っていません。たった4年、短いですね。この7年間・・・この運転席に私が座ることはありませんでした。もちろんこれから先もないわけでアルパパは命のないモノには執着しないと言いました。大事にすることと執着することが違うのは分かります。うん、でもそれでもやっぱりせつないかな。病気になる前、身体に違和感を感じることもなく元気に過ごしていた自分が見えるからかもしれません。いや、でもこれからもっと元気になるよ大丈夫 
もっともっと元気になって働いて自力でエボ買って乗れる日が来るかもしれない って・・・さすがにそれは無理。自分で買って維持するなら軽ですよ軽(苦笑)

さて、梅雨みたいに湿っぽい話はこれくらいにして、次の車の予定も実は立っています
ここは思いっきり車のタイプを変えて
「フィットがいいな ハイブリッドならCR-Z」
と言ったところ即却下されました。デスヨネー

事情があって三菱車の中から選択しなくてはなりません。となると、COLTかCOLT PLUSあたりですかね・・・。でもなー、そこまでコンパクトな車にするならいっそのこと軽自動車でいいんじゃないかと思ったのですよ。そしたらなんとアルママからダメ出しが。エボやステージアが大好きだったアルママ。大きい車、カッコイイ車が好きなのでコルトでギリギリ妥協のラインらしいです(ギャランフォルティスがいいとか言ってたらしい、汗)。アルママの影響力意外と強いな・・・ 
「小さいのが嫌ならアウトランダーはどうよ?」
と言ったら今度はアルパパにそんなでかい車はイランと言われました。アルママを丸め込んで味方につけようにも実は私にそこまでの情熱もないわけで。結局コルトプラスで落ち着くようです。ぶっちゃけエボVIに乗れないなら何でもいいですよ的な投げやり感の漂う今のアル姉にはもう色もオプションもどうでもいいのでお任せします。あとになってブーブー言うかもだけどゴメンね
まぁ、そういうわけでAT限定のまま、解除の必要はなくなりました。エボVIがいなくなってもMT解除してCR-Zに乗れるならもう少しテンション上がったのに残念です(苦笑)

上のような微妙改造のちょい渋エボVIがもし中古車情報誌やネットに載ったらそれはうちにいた子です。購入なさる方が大事に乗ってくださいますように願ってます。

にほんブログ村参加中。クリックしてくださるとしっぽ振って喜びます
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ 
スポンサーサイト

テーマ : 車関係なんでも - ジャンル : 車・バイク

22:06  |  ぽつりと独り言  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2010'06.19 (Sat)

修了検定

6/5に自動車教習所に入所して約2週間が経ちました。
なんだかスムーズに進んで12時間(一時間目はカートレなので実質実車は11時間)のうち3時間が無線というレアケースになってしまいました。
「失効して取り直しの方くらいしか無線3回も受ける人いません(笑)」
とか笑われるし。隣に誰もいないほうが走りやすいのでいいんですけどね~。

さて、梅雨入りしてしまって蒸し暑いこの頃ですが、見極めまでサクサク行ったので今日修了検定を受けてまいりました。

私が通っている教習所の修了技能検定コースは3種類あって、その中で「これが来たら嫌だなぁ」と思っていたコースがズバリ来た 負のエネルギーの方が引き寄せ効果が強いのですね・・・。

IMG_3461.jpg
見づらいと思いますがコース図。私はS字に左折で入るのが苦手。と、①の見通しの悪い交差点を東から進行して左折するのが嫌い(だって、一回しか走ってないもの)

まぁAT車ですし、準備やら発進とかは別に手間取ることもなく・・・
しかし
1コースは出発したらすぐにS字があるのですがここで違和感に気付いた。
「あ、ハンドルの位置高すぎる」
思わず口に出して言っちゃったよ
発進前に高さを合わせたつもりだったけどまだちょっと高かった・・・。回しにくいったらありゃしない。S字のあとのクランクも微妙な回し辛さの中で通過。坂道のあと運良く赤信号に引っかかったので減点されるかなーとも思ったけど
「ちょっとハンドルの位置を変えます」
と言ってハンドル調整。ふ~、運転しやすくなった~。ハンドルを回しやすくなって緊張がほとんどなくなったのでやっぱり直して正解でした。残りの見通しの悪いT字路での左折やら踏み切りやら後半の要素をこなして発着点へ。左側端へ車体を寄せポールに合わせて停止(これは得意。降りて見たらジャストだった)。いつも忘れがちなシート位置を戻すのも忘れずにできました(実はこれが一番不安だった、笑)

検定終了後、合格不合格に関わらず問題点の指摘やアドバイスがあるはずなのでドキドキして教官の言葉を待ちました。自分では一箇所左折でやや大回りになったと思ったところがあったので指摘されるかと思いきや
「うん、大丈夫ですね。運転の方は特に問題ありません」
とのこと。やや拍子抜け。合否判定を待つまでもなく受かったなとは思いましたが何も注意されないとそれはそれで不安になってくるから不思議・・・。

結果、技能検定は合格。続く学科試験も模擬より簡単だったのでサクっと合格。
無事修了検定合格となりました。
SBSH0146.jpg

しかしまぁ、この時点でけっこう身体が痛かったのにこのあとの原付講習が地獄。13年前はパイロン2つ置いてその間を数周して終わりだったのに今回はやたらと長い。おまけにコースの中まで出るとか想定外です。普通車、二輪車、大型車に怯えつつ、そして私の原付があまりにも危なっかしくて他車には激しく迷惑だろうなと申し訳なく思いながら走りました。原付の振動ってけっこう辛いですね・・・降りた後もなんか色んなところがビリビリしてました(笑)

土日祝は行政がお休みということで仮免の交付は月曜日。
「交付されたら、然るべき方法でなら家の車で練習してもいいですから」
なんて言われましたけどAT限定の仮免で乗れる車ってアルキング号しかない、無理すぎる おとなしく教習所通いだけで頑張ります。というわけで来週から路上に出られます。やった~

にほんブログ村参加中。クリックしてくださるとしっぽ振って喜びます
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ 

テーマ : 教習所 - ジャンル : 車・バイク

19:49  |  ぽつりと独り言  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010'06.13 (Sun)

蒜山・大山鏡ヶ成

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
6/12(土)晴れ

アル姉、6/5に教習所に入所してほぼ毎日通っているのでかなりグッタリ。でも、梅雨前の最後のチャンスかも?ということで今度はアルが楽しめる場所へお出かけしてきました。

近県の方々にはきっとお馴染みの蒜山・大山(鏡ヶ成)です。
昨年11月にステージアで訪れて以来7ヶ月ぶり~
蒜山と言えば牛のイメージですが、口蹄疫の問題のせいで牧場には牛の姿はありませんでした。

s-DSC03091.jpg
上蒜山・中蒜山・下蒜山を合わせて蒜山三座と呼びます。この蒜山三座の中腹に位置する蒜山高原は岡山県内のみならず京阪神や中四国からも観光客が訪れる避暑地だったりします。標高は500~600m程度。アル姉にとっても幼い頃から馴染みのスポットです。高速を使えば家から2時間ほど来られるというお手軽さがイイ

AM9:00
道の駅 蒜山高原に到着。午前中はここらでのんびりする予定でアルキング号を停め、とりあえず塩釜の冷泉までアル姉は自転車で、アル・パパ・ママは徒歩で向かうことになりました。

s-DSC03004.jpg
サイクリングロード。去年の11月は寒々しい茶色でしたが緑のトンネルで清々しいです。

s-DSC03003.jpg
蒜山では有名なカフェNadjaさんの看板。

この近くの交差点には
s-DSC02968.jpg
去年お世話になったペットと泊まれる別荘コテージかずのこ村の看板もありました。おすすめだよ~。

さて、待ち合わせた場所にアルたちがなかなか現れない。自転車がいくら速いといってもな~。・・・どうやら写真を撮りまくってて遅かったらしいです
s-DSC02972.jpg s-DSC02997.jpg
s-DSC02967.jpg s-DSC02971.jpg
s-DSC02975.jpg s-DSC02976.jpg

塩釜の冷泉
s-DSC02984.jpg
中蒜山の裾の谷間から湧き出している湧水で名水百選に選ばれています。水の透き通った小池は約60㎡のひょうたん型で、水温11度、湧水量毎秒300リットル、水温・湧水量とも四季を通じて変わらないそうです。 お魚がいてびっくり。

アルキング号にアルの飲み水を忘れてきたので、泉から川となって流れ出す場所で冷た~い水を手ですくって飲ませることになりました。散々飲んだしもういいだろうと思っていたのに・・・今度は自分から飲みに行ったアル先生。不幸なハプニングが
冷泉に直に落ちたわけではありません、川の方です。

家族全員お腹を抱えて笑ってしまいました。どれだけどんくさいんだよ(笑)
落ちた瞬間暴れもせず、ただ固まって救出を待つ姿が可愛すぎる

PM0:00
s-DSC03013.jpg
三木が原にある白樺の丘付近の駐車場に移動。お昼ごはんタイムです。

s-IMG_3449.jpg
ご当地グルメとしてだんだん有名になりつつあるひるぜん焼きそば。皆で食べたかったので今回はテイクアウトできる道の駅 風の家のを購入。お値段も500円とお安い方です。スパイシーで甘辛い味噌だれ。なかなか不思議な風味です。豚肉じゃなくてかしわを使ってるのはいいですね。

あげるつもりはなかったのにアル先生に口の中を狙われました(汗)。塩分量も多いしソースに玉ねぎが入ってますのでわんちゃんにあげてはいけません

PM1:00

昼食後、蒜山大山スカイラインを通って鏡ヶ成へ向かいました。途中にある鬼女台展望所(きめんだい)では雄大な伯耆大山の姿を見ることができます。真ん中奥が大山(だいせん)、右のとんがってるのは烏ヶ山(からすがせん)
s-DSC03017.jpg

とか言いつつ
s-DSC03023.jpg
高原ソフトクリームに大山が霞んでしまいました(笑)

s-DSC03029.jpg
アル先生はお馴染み、コーンだけね・・・

PM1:15
大山鏡ヶ成
s-DSC03073.jpg
1時過ぎ、スキー場やキャンプ場、国民休暇村のある鏡ヶ成に到着。アル一家は蒜山に遊びに来るときは必ず鏡ヶ成にも来ることにしています。すごいでしょ、この景色

s-DSC03055.jpg s-DSC03058.jpg
アル見て見て、ほらてんとう虫さんだよ。
ふぇ?このちっこいの クンクン、食べられるかな
無理です・・・。

鏡ヶ成ではコーギーちゃん2匹に会いました。片方は人間好きのフラッフィーの女の子、もう片方はボール遊びが上手な男の子。
20100612131852(1).jpg
手前・・・ではなく奥のちっこいのがアルで、手前がその男の子。前から見ると全然違うんだけど後ろから見ると肉付きが似てる(笑)
飼い主さんのコマンドをよく聞く賢い子でした。ちなみにこの子もキャンピングカーで来てましたよ~。ベンツベースのCaravelで、さすがにデカかったです。

s-DSC03051.jpg s-DSC03062.jpg
アル先生、しっかり遊びまわっていましたよ。アル姉も走り回って膝が笑う・・・。遊び疲れたところでしばらく車に戻ってお昼寝 ずっといい風が吹いていたのでベンチレーターコントローラーの出番はありませんでした。また今度だね~。

PM5:30
再び三木が原 白樺の丘
s-DSC03090.jpg
蒜山高原、夕方になると人がごっそり減るんですよね。この素晴らしい白樺の丘を独り占めです

s-DSC03098.jpg
見上げてみました。綺麗。

アル先生、最後のダッシュです。よーい
s-DSC03107.jpg
ドン

s-DSC03108.jpg

s-DSC03109.jpg

s-DSC03110.jpg
ゴールっ

s-DSC03114.jpg
この日はコーギースマイル全開のアル先生。伊勢旅行のときの鬱憤は解消されたかな
また夏にでもキャンプに来れたらいいね

にほんブログ村参加中。クリックしてくださるとしっぽ振って喜びます
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ 

テーマ : ワンコとおでかけ - ジャンル : ペット

19:54  |  日帰りドライブ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT