2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2016'05.07 (Sat)

久々、アルキング号出動

担当:アルパパ

アルキング号は、アル先生が寝たきりになって以来、半年以上も出動していませんが、折角のゴールデンウィーク。天気もよいので、アル先生の世話はアルママに任せて、5月1日(日)、アル姉と一緒に近場を回ってきました。
選んだところは岡山県東部の瀬戸内市牛窓。牛窓といえば、日本のエーゲ海をキャッチフレーズにしていますが、アルパパが目指したのは、そんな海沿いリゾートではなく、山の上の牛窓神社。
選んだ理由は、ただ、「あそこは、龍がいっぱいいる」という、某ブログ記事のその一言。それ以外は、何の予備知識もありません。(それって、いつも通りですが・・・)

アクセスは、海から一の鳥居をくぐり、3百数十段の階段を登ってという正面ルートは避けて、車で神社のすぐ裏手の駐車場に至る楽ちんコース。
着くなり「アレッ」と思ったのは、意外に参拝者が多いこと。
これでは、「龍には会えないかも!」といきなり思ってしまいました。
5月1日で、月次祭だったようです。1日参りですね。
アルパパも、今日は、神棚の榊と塩を新しいものに替え、ごはんとお酒をお供えしたばかりです。「ああ、そうなのね」というところ。

では、境内を写真で紹介します。
DSC05298.jpg
あたり一面は、瀬戸内海固有の照葉樹林で覆われた見事な社叢を形成しています。

ご祭神は、地神と八幡様という組合せ。
DSC05301.jpg
創建は平安中期といわれていますが、もっと古い時代の地神信仰に八幡様が後から乗っかってきたのでしょう。

拝殿前の広場は、もみじの新緑が見事。
秋の紅葉は素晴らしいでしょうね。また、来ましょう。
DSC05302.jpg
狛犬も緑色に染まっています。
DSC05299.jpg

本殿の後ろに回ると、クロアゲハが3匹、ひらひらとアルパパ、アル姉の周りを暫く舞ってくれました。クロアゲハは、森の女神の化身。歓迎の印です。
DSC05309.jpg


表参道の方に下ると、展望台があるというので、そちらへ向かいます。
DSC05329.jpg


途中、大きなトカゲが一匹、アルパパの足元を走り抜けていきました。
「おお、これは龍のメッセンジャーか!」と喜ぶ、アルパパでありました。

随身門。
DSC05330.jpg


展望台から景色は、絶景。
DSC05317.jpg

DSC05318.jpg
DSC05324.jpg


展望台のベンチでこんなものを見つけました。
DSC05424.jpg
結晶質石灰石。写真ではうまく判りませんが、キラキラと光る変成岩の一種です。

オリーブ園には行かないのかというアル姉に、「あそこは混むから」と言葉を濁しつつ、海岸へ。
DSC05332.jpg
ここは、駐車場がないのですよ。やっとの思いで、ゴミステーションの隣のスペースをゲット。

駐車したところから、東へ街並みを見て回ります。
では、街並みをご紹介します。
IMG_3174.jpg

ホテルリマーニ。
DSC05339.jpg
DSC05336.jpg

ロビーに、武藤順九さん。
DSC05334.jpg
順九さんの作品は、大概、こういうクネクネっとしたものですね。

朝鮮通信使で有名な本連寺。
DSC05354.jpg
DSC05360.jpg
DSC05368.jpg

牛窓っ子の自慢は、この見返りの塔。
DSC05351.jpg
でも、ちょっと、電線多すぎないですか。

古い建物ですね。
IMG_3176.jpg

この似顔絵、だれだか判りますよ。
DSC05349.jpg

燈籠堂。
DSC05343.jpg
景観を壊している高い塔は、前島への送電鉄塔。

他にも、色々あるのですが、それらは省略。
まだまだ、東へ東へと行きそうなアル姉を制しつつ、「今日は、この辺でお終い」。

帰り道、オリーブの他には、牛窓といえば「これ!」という 「かまぼこ屋 中光商店」のてんぷらを購入し、帰途へ。
IMG_3159_20160506222642a52.jpg
IMG_3195.jpg

さよなら、牛窓。さよなら、猫ちゃん。
DSC05376.jpg


  ***************************************************

アルパパが牛窓を早々に切り上げたのは、来る途中、看板で見た「安仁神社」を訪ねるため。
場所は、岡山市東区一ノ宮。
安仁神社は、備前国元一宮、旧社格は国幣中社という由緒ある神社ですが、藤原純友の乱の際に、純友方へつき、純友の敗退に伴って、朝廷から一宮の資格を剥奪されてしまったそうです。その後、備前一宮は朝廷側についた吉備津彦神社になったとさ、ということです。

ご祭神は、五瀬命。神武天皇のお兄さんです。
実は、ご祭神はっきりしておらず、昔は兄神社と呼ばれていたことから、それなら神武天皇の兄にあたる五瀬命にしようと、第二次大戦後に決めたということですから、えゝ加減ですね。

こちらは一転、人影なし。 誰にも会いませんでしたが、大木の生い茂る社叢は見事で、境内はよい氣に包まれています。

大木に囲まれ、まったくの無風の中、手水を使い、拝殿に向かっていると、突然、一陣の風。
これは、神様に歓迎されている証。高い波動を浴びながら、ゆったりとした時間を過ごさせていただき、心身ともにリフレッシュして帰路につきました。

DSC05390.jpg
拝殿。
DSC05378.jpg
本殿。
DSC05381.jpg
右補神社。
DSC05382.jpg
ご神水。
DSC05383.jpg



【アルパパの神社薀蓄】
阿仁神社の本当の神様は誰か? 謎のようですが、本当のところ、神社にお祀りされているご祭神と実際におられる神様は、ほとんど別の方です。例えば、内宮のご祭神は、誰もが知っているように天照大神ですが、アルパパが複数の人たちから聞いたところでは、内宮におられる神様は大物主命だそうです。同様に、外宮は瀬織津姫命とのことです。とはいえ、どちらも超有名な神様なのはさすが神宮といえましょう。
大物主命は、元は奈良の大神神社におられたわけですが、それを伊勢の地に連れてきたのは、空海だそうです。大物主は物部の祖神ですから、天皇に近い奈良にいては都合が悪い。それを空海が伊勢まで連れ出して、そこに封じ込めた。
多くの神社は、こうした縄文の神々(出雲族等、天皇家が切り従えた諸民族の祖神)を封じ込めたものだと言われています。空海は、真言密教の秘儀を駆使してそれを行い、嵯峨天皇から厚い信頼を得て、天皇のお膝元である京の地に東寺を賜ったわけです。
アルパパが思うに、有名な四国八十八か所霊場も、空海が、1番から88番の札所で結界をつくり、その中に何かを封じ込めているのだと思います。剣山には重大な秘密が隠されているというのは有名な話ですね。

では、今日はここまで。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
スポンサーサイト
07:52  |  日帰りドライブ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014'04.27 (Sun)

赤穂海浜公園

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。 
使用カメラ:SONY α55
担当:アル姉

4/11(金)晴


岡山県南部では桜も散り始めた4月中旬、アル先生を連れて兵庫県立赤穂海浜公園へ行ってきました。赤穂海浜公園は赤穂御崎の西にあった塩田跡の一部に造られた面積71.7haの公園です。
akou.jpg
遊園地「わくわくランド」、赤穂市立海洋科学館、揚浜式と入浜式の塩田を復元した「塩の国」、オートキャンプ場、人工湖である赤湖と白湖、その周囲一面に広がる芝生広場群など、広大な土地を生かしてさまざまな施設が作られています。

s-DSC02221_20140425200658312.jpg
倉敷からだと一般道を使って2時間とかからない距離にあります。その昔はわんちゃんが禁止だったのですがいつのまにかokに。アル先生は初の赤穂海浜公園となりました。

s-DSC02223.jpg s-DSC02225
オートキャンプ場側の西入口”風の門”から入って真っ先に向かったのは芝生広場”青空広場”。はやる気持ちを抑えきれないアル先生ですが車椅子を装着しなきゃ走れませんよっ。

s-DSC02237.jpg s-DSC02238.jpg
s-DSC02253.jpg s-DSC02254.jpg
平日の真昼間とあってほとんど人がいません。アル先生の独壇場。

s-DSC02261.jpg s-DSC02269.jpg
お次は赤湖のほとりにある湖畔の広場。

s-DSC02282.jpg s-DSC02280_201404252015212cf.jpg
四季の広場には満開の桜。家の近所では桜は終わっていたので思わぬお花見ができてちょっとほっこり。

s-DSC02288.jpg s-DSC02289.jpg
赤湖には難破船や砂浜があるのですがさすがにアル先生にここはきつい。

s-DSC02292.jpg s-DSC02295.jpg
身動きがとれなくなってしまったので歩きやすい舗装道路までお運びいたしました。

s-DSC02307.jpg s-DSC02313_20140425201925517.jpg
ふう、ちょっと休憩だよ~。

s-DSC02321.jpg s-DSC02332.jpg
難破船の前で記念撮影。

s-DSC02340.jpg
公園の南は瀬戸内海に面しています。

s-DSC02342.jpg s-DSC02349.jpg
わんぱく広場のアスレチックをイイ年した母娘が楽しんでいると、アル先生は気が気じゃないらしくオロオロしながらウロウロ歩きまわってました。主にアルママのことが心配みたいです。

s-DSC02364.jpg
パパも負けじと・・・。

s-DSC02377.jpg
危ないよ!と言ってるのか、自分もやりたいと怒っているのか、とにかく吠える。

s-DSC02393.jpg s-DSC02398.jpg
アル先生が邪魔をするのでアスレチックはこれにて終了です。

s-DSC02414.jpg s-DSC02421_20140425202602a16.jpg
こちらは白湖。いたるところに芝生広場があるのは嬉しいですね。

s-DSC02465.jpg s-DSC02466_201404252027265ec.jpg
走ったり寝転んだり、お花の匂いを嗅いだり、食べたりうららかな春の昼下がり、赤穂海浜公園を満喫しました。

s-DSC02484.jpg s-DSC02480.jpg
最後は再び青空広場に。気付けば3時間以上経っていました。あっという間だったね~。

s-DSC02486_20140425202730991.jpg
満足そうなお尻です
近いのでまた来ようね


折りたたみでもう少し公園の紹介をしてあります。

テーマ : ワンコとおでかけ - ジャンル : ペット

19:26  |  日帰りドライブ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'10.10 (Thu)

四国カルスト 【大野ヶ原】

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。 
使用カメラ:SONY DSC-RX100、α55
担当:アル姉
この記事は姫鶴荘の続きになります。たかが日帰り旅行なのに何度にも分けてごめんなさいね。これがラストですからお付き合いくださいませ。

9/21(土)
karstmap3.jpg
最後は大野ヶ原の紹介です。四国カルストの西端の地域で標高1,100m~1,400mの石灰岩台地です。県道383号線で姫鶴平から西へと進んでいきます。地芳峠では国道440号線との分岐がありますので、左手に伸びる細い上り坂へ進んでください。大野ヶ原までの道はけっこう狭かったですね。退避スペースもそこそこありますが片方はガードレール、片方は溝という素敵仕様の場所でのすれ違いは神経を使います。

観光メインの場合、ポニー牧場やミルク園のあたりがお勧めスポットだと思いますが、そのあたりは観光サイトさんにお任せしましょう。私たちが行ったのは大野ヶ原にある源氏ヶ駄馬と呼ばれる地域です。その昔、無数の白い石灰岩の姿を見た平家の残党が、白馬に乗った多勢の源氏が自分たちを取り囲んでいるものと見間違え、慌ててこの地から退却したことに由来するとか。ちゃんと三角点も存在する山なのでちょっと行ってみることに。

県道383号線で大野ヶ原に向かっていると、笹ヶ峠の手前にT字路がありますのでそちらを左に。

大きな地図で見る
写真を撮り損ねたのでグーグルさんに協力していただきましょう。

s-DSC01483.jpg
しばらく道なりに進んでいくと、斜面に見えてくるのが白黒の乳牛さんたち。実はここも姫鶴牧場が放牧をしている場所でなのです。

s-DSC01486.jpg
docomo中継所のアンテナが稜線に見えます。たしか途中にT字路があって中継所や源氏ヶ駄馬まで続く車道(農道)もあったのですが、源氏ヶ駄馬が何でどこを指すのかも分かっていなかったし、角度的に曲がりにくかったこともあり直進してしまいました。

結果行き着いた場所は一夜ヶ森の駐車場。
s-DSC01493.jpg
お恥ずかしい話、ここが一夜ヶ森の駐車場だと気付いたのは帰る直前で、一夜ヶ森が何かもわかっていませんでした。この行き当たりばったり感が何とも言えず残念ですが、気持ちのいい景色だったのでアル先生も出動です。

s-DSC01489.jpg
ラバーシューズ装着中。これをつけなきゃお散歩できないことは理解していますが、あんまり好きじゃないのよね。

s-DSC01497.jpg
無事装着。出陣前のひとふんばり?

s-DSC00095.jpg
準備万端じゃっ。うーん、農道のわだちの方が車椅子のトレッドより狭いなぁ。

s-DSC00098.jpg
悪路続きで申し訳がないです・・・。人間には絶景なんだけどアル先生は地面しか見えないからねぇ。

折り返しますね。
アル先生のイイ顔があるので良かったら続きも読んでやってください。

テーマ : ワンコとおでかけ - ジャンル : ペット

17:29  |  日帰りドライブ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013'10.06 (Sun)

四国カルスト 【姫鶴荘】

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。 
使用カメラ:SONY DSC-RX100、α55
担当:アル姉

9/21(土)
s-DSC00074.jpg
姫鶴牧場の続きになります。

s-DSC00082.jpg s-DSC01445_201309301313069ac.jpg
前回紹介した姫鶴牧場は四国カルストの中心部の姫鶴平にあります。そして姫鶴平の観光拠点となる姫鶴荘という宿泊施設にはコテージやキャンプ場もあり、四国カルストで泊まるなら一番のおすすめはここでしょうね。

姫鶴荘と牧場の間にあったキャンプ場がかなり気になりました。
s-DSC00076.jpg
このキャンプ場、確か200円で利用可能なのです。炊事施設もちゃんとありますし、トイレは少し坂を上りますが姫鶴荘のウォシュレット付を使えます。残念なのはお風呂がないことくらい。

s-DSC00080_20130930132849811.jpg
写真中央の東屋はアル姉が前回の記事で牛に手を振っていた場所です。よく見ると柵が見えると思いますが、あの中は放牧場。

s-DSC00075_2013093013345842e.jpg
右手上の方がキャンプ場、あとは牧場です。まわりに牛さんがいっぱーいなわけです。緑の草原に吹き渡る風を感じながらのキャンプというだけでも素敵なのに牛さんも一緒。晴れていればですが夜には満天の星空を楽しめるというのに200円。おいしすぎますね。

s-DSC00083.jpg
ただし、一つ覚悟が必要なのが「風」ですね。姫鶴荘から見るとキャンプ場の東に2基の風車が見えます。風車があるってことはかなり風が強い場所なのです。標高は1,300m、遮るものが何もない山の稜線にあるので当然ですね。いつかアルキング号で来てみたい場所ではありますが、強風でキャンピングカーがぐらぐら揺れて眠れない、とか強風のあまり下山せざるをえなくなることもある、なんて話を聞くとキャブコンではやめたほうがいいのかなと思います。

s-DSC00086.jpg
姫鶴荘に県境がありました。天狗高原の天狗荘にもあります。県境をまたいで遊んでたら小さな子供たちも同じことをしていて己の精神年齢の低さに涙が出そうでした。ちなみのこの境はトイレと姫鶴荘の間にあり、トイレは高知県・姫鶴荘は愛媛県に在ることになります。

s-DSC00088.jpg
本物の牛さんは触れなかったので看板の牛で我慢。

ちなみにこの姫鶴荘の名物は炭焼きバーベキュー(一人前2,500円)です。アル一家は牧場で牛を見た後に牛を食べるというのは誰も望まないのでまるで魅力を感じませんが美味しいそうです。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ

テーマ : くるま旅 - ジャンル : 旅行

11:06  |  日帰りドライブ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'10.02 (Wed)

四国カルスト 【姫鶴牧場】

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。 
使用カメラ:SONY DSC-RX100、α55
担当:アル姉

9/21(土)
s-DSC01463.jpg
天狗高原その2の続き、今回はさんばっかりになります。

karstmap2.jpg
場所は五段高原~姫鶴平。めづるだいら、と読みます。

天狗高原の展望ロードからさらに西へ姫鶴平を目指して進みます。
s-DSC01418.jpg s-DSC00055.jpg
やがて見えてくるのが緑の草原に白い石灰岩、そしてたくさんの牛さんです。

s-DSC01413.jpg
四国カルストは秋吉台、平尾台とならぶ日本三大カルストの一つですが、これだけ大規模な放牧が行われているのは四国カルストならではの景色ではないでしょうか。標高1,000mを超える高地なので晴れていれば草原の緑、石灰岩の白、青空の青と三拍子揃った絶景の中の放牧風景となります。

s-DSC00053.jpg s-DSC01425.jpg
牛さんです。観光本やネットで見ると薄茶色の土佐褐毛牛の写真が多いのですが見渡す限り真っ黒な牛さんたちでした。アル先生にも見てもらいました。

s-DSC01429.jpg s-DSC01431.jpg
あんまり興味なさそうかなやっぱり自分の足で近くまで行けるのとは違うんでしょうね。抱っこでごめんねー。

s-DSC00052.jpg
五段平原から姫鶴平(めづるだいら)方面へ。県道383号四国カルスト公園縦断線。天空の道と言われるこの縦断線は愛媛県と高知県の県境の尾根道を走っています。そのせいで「愛媛県に入りました」「高知県に入りました」とナビが大忙しです。

姫鶴平本編は折りたたみますっ。クリックして御覧ください。

テーマ : ワンコとおでかけ - ジャンル : ペット

20:46  |  日帰りドライブ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT