2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2011'10.20 (Thu)

信州・甲州旅行【四日目:西湖・本栖湖】

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
関連記事:信州・甲州旅行【一日目:諏訪まで移動】 道の駅小坂田公園、 【二日目:松本】、 【二日目:安曇野】、 道の駅こぶちさわ、 【三日目:清里・河口湖・山中湖】、 道の駅なるさわ

10/9(日) 晴れ/曇り
道の駅なるさわで爽やかな朝を迎え、雲ひとつない富士山を拝んだところで観光開始です。まずは139号(富士パノラマライン)を西湖方面へ。

西湖根場浜(ねんばはま)から青木ヶ原樹海を散歩

DSC01172s-.jpg DSC01173s-.jpg
西湖西にある根場浜、浜というのに浜が見当たらない。遊歩道まで水が来ててこのありさまです。今年は大雨がよく降りましたので6,7年ぶりの増水で浜が沈んでいるのだと後になって知りました。

DSC01174s-.jpg
浜から見た富士・・・山?ほとんど見えないぞぃ

根場浜周辺はちょうど青木ヶ原の端っこ。遊歩道はこのままコウモリ穴や野鳥の森公園までつながっているらしい。せっかくなのでこのまま進んじゃいます。
DSC01179s-.jpg

DSC01181s-.jpg
アル先生ずんずん進んでましたが

DSC01185s-.jpg
ちょっと段差が大きすぎたらしくだっこ要求・・・。抱っこっていうか、抱えられて吊るされてるね(笑)

DSC01191s-.jpg
樹海の中の道はあまり陽がさしませんが、ちゃんと整備された遊歩道なので歩きやすい。樹海の中は湿度が高い気がしました。

DSC01192s-.jpg DSC01209s-.jpg
岩から木が生えてたりします。すれ違う人は私たちみたいに観光客然とした格好ではなく、ウォーキングに適した服装でリュックを背負ってました。樹海ウォークって人気だもんね。なんか場違いですみません。

DSC01211s-.jpg
足元の岩がなんだか変な形、と思ったら溶岩が流れた跡なんですね。

DSC01214s-.jpg DSC01215s-.jpg
野鳥の森公園の手前で氷穴の英(はなぶさ)を発見。約2kmほどの樹海散歩を終えてお次はコウモリ穴に向かいました。

西湖蝙蝠穴
DSC01233s-.jpg
青木ヶ原樹海内最大の溶岩洞窟。天然記念物。入洞料は300円・小人150円でJAF会員証提示で10%OFFです。入口でヘルメットを問答無用で着用させられます。たいへん格好悪いです(苦笑)。若い女の子や思春期の子供さんは嫌がってしばらくしたら脱いじゃってましたがあとで泣きを見るよー。

DSC01225s-.jpg DSC01234s-.jpg
入場料を払う場所から蝙蝠穴の入口までは少し距離があり、樹海の雰囲気を味わえます。

DSC01226s-.jpg DSC01227s-.jpg
さて、やっと入口です。入口の鉄格子は他の動物の侵入を防ぐため、コウモリが通りぬけられる間隔になっています。洞窟の総延長は350メートル。順路を示す標識がありましたが、順路通りに行くとけっこう痛い目に遭います。入ってすぐの広場は天井が高いですが奥に進むにつれて低くなっていきますし、溶岩鍾乳石が飛び出ているので頭をぶつけます。ヘルメットのありがたみがわかります、あれだけ傷だらけになってるってことはそれだけの人が頭をぶつけたってことよね(苦笑)。足元もとても滑りやすいので注意。サンダルやハイヒールの人には無理なので、長靴の貸出しもあるそうです。

DSC01228s-.jpg
地面に手すりのある場所は屈まないと・・・というレベルではないくらい天井が低いです。一番低い所は何cmだったんだろうね。完全にしゃがんで、なおかつ頭を下げないと無理でアルパパもアルママもあっさり引き返して短縮コースへ行ってしまいました。せっかく来たのだからと悲鳴を上げながらも進むアル姉。えーん、でも足腰痛いよぉと、引き返そうかと思っていたら後ろからお孫さん連れのおじいちゃんが すれ違えるような幅ではないし、おじいちゃんだって頑張ってる!ので泣きながらもそのまま進みました。

DSC01229s-.jpg
この程度の高さは全然余裕ですね。

DSC01231s-.jpg
奥まで行くと木枠の扉があり、ここから先はウモリ保護区域のため立ち入り禁止。一時激減していたコウモリさんも保護区域ができて徐々に増えつつあるそうです。帰りは順路が短縮コースなのでほっとしながら帰りました。

そしてお次は、風穴と氷穴のどちらかを選べと言われたので氷穴を選択。風穴は24年前に連れてきたとの言葉がまるでピンと来ないでも風穴の写真はパパママ新婚旅行の写真しかなかったし行ってないんじゃないのー?
0426a04_20111019183023.jpg
28歳のパパと25歳のママ、わっかぃわ・・・。

鳴沢氷穴
http://fujigoko.info/icecave/index.html
DSC01235s-.jpg DSC01248s-.jpg
天然記念物。大人280円小人130円。大きな駐車場があり観光バスなども来るので混雑してました。貞観6年(864年)富士山の側火山長尾山の噴火の際、古い寄生火山の間を灼熱に焼けた溶岩流(青木ヶ原丸尾)が流れ下ってできた洞窟。年間の平均温度は摂氏3度程度で、このときの気温は0度でした。

横穴ではなく縦穴なので、けっこう階段が急です。天井は低め、竹筒の手すりにつかまりながら降りていきます。ここも滑りやすいので長靴の貸し出しがあるようです。
DSC01237s-.jpg

天井からの冷たい雫にびっくりしながら降りていくと
DSC01238s-.jpg
お、氷だ~

DSC01243s-.jpg
氷の貯蔵庫。大正年間冷蔵庫がなかった時代に氷を貯蔵していた跡。

氷の池に氷柱が見られるのは春から秋とのことでしたが
DSC01244s-.jpg
アルパパが偽物くさいと言ってました。秋の終わりには消えてしまうというから、かなり溶けた状態でこんな変な形になってるんじゃないのかな

混んでいたので一列で進まなければならず、ゆっくりじっくり見ることはできませんでしたがなかなか面白かったです。
DSC01249s-.jpg
青木ヶ原樹海に別れを告げ、お次は

本栖湖
DSC01266s-.jpg
千円札の富士山 として有名な展望スポットへ。皆さん千円札を取り出して記念撮影していましたが、財布には一万円札しかなかったでも富士山がこの状態なのでピンときませんね。ちなみに、千円札の富士山・旧五千円札の富士山は岡田紅陽の撮った「湖畔の春」という写真が元になっているようですが、微妙にこの展望台とはアングルが違うんです。

展望台から近い場所に岡田紅陽が常宿としていた民宿「浩庵」というお店があり、この日はお昼をそこでいただきました。実はその「浩庵」の裏山頂上近くの岩の一つの上から撮った写真がモデルの写真とのことです。アングルが違うのはそれでなんですね。ちなみに「浩庵」さんでは岡田紅陽の夫人から旧五千円札のモデルになった写真(湖畔の春)をいただき、店内に飾られています。写真撮っておけばよかった・・・。

DSC01271s-.jpg
こちらは「浩庵」の食堂から。30分くらい待っても雲はずっと湧き続け、途切れることはありませんでした。

結局すっきり晴れた富士山を見ることは叶いませんでしたがこれで富士五湖とはお別れ、午後からは富士宮市へ向かいます。

オマケ
そういえば・・・西湖の写真が全然ないんです。河口湖もなかったけど富士五湖に来ても湖の写真がほとんどなかったのがびっくりです。仕方ないので・・・
8705a06西湖
1987年の5月連休の写真です。懐かしのデリカと西湖とパパ。このときは兄もいて家族4人で富士山周辺の観光をしました。この車で車中泊したこともあったなぁ・・・。今はなんと快適になったことか。キャンピングカーさまさまです。

さて、次回は最後の観光になります、富士宮です。

にほんブログ村参加中。応援感謝です
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ 
スポンサーサイト

テーマ : キャンピングカーぶらり旅 - ジャンル : 旅行

19:59  |  関東  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.17 (Mon)

信州・甲州旅行【三日目:清里・河口湖・山中湖】

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
関連記事:信州・甲州旅行【一日目:諏訪まで移動】 道の駅小坂田公園、 【二日目:松本】、 【二日目:安曇野】、 道の駅こぶちさわ

10/8(土)
この日は道の駅こぶちさわ横を走る八ヶ岳高原ラインを通ってまずは清里へ向かいました。
WS000098.jpg

DSC00981s-.jpg
県立八ヶ岳牧場。時間が早いので牛さんはまだ牛舎の中のご様子。

清里
DSC01008s-.jpg
清里ってね、私のイメージでは牧場なんですよ。あとはシャトレーゼの工場
でもアルパパの世代ではリゾート地なんだって・・・で、まぁ駅周辺をざっと見てみたんですが

DSC00997s-.jpg
駅前東西の道路。駅にすごく近い所にも売り店舗多くてびっくり。

清里駅
DSC00995s-.jpg DSC00998s-.jpg
八ヶ岳高原線。

清里~野辺山間には標高1375mのJR鉄道最高地点があるそうですね。パパとママは行ったことがあるんだってさ。
0427b05.jpg
新婚旅行の二人

DSC00992s-.jpg
駅から南の道。売り地や空き店舗がね・・・なんだかすごく目立つ。まだ店も開く前の時間帯なので寂しさ倍増です。

萌木の村 http://www.moeginomura.co.jp/
DSC00988s-.jpg
ここのあたりはまだ朝早いのに人の姿がちらほらありました。オルゴール館を中心に ホテル、カフェ、レストラン、手作り工房などがある観光施設のようです。綺麗な木立に囲まれたメルヘンな空間で入ってみたくなりましたが、今日のメインは河口湖・山中湖で清里はオマケで通過してもらっただけなので我慢です。ここ、わんちゃんもオッケーなんだそうですよ。

さて、清里ラインを南下していきますと、
P1020368s-.jpg
清里のずーーーーっと南の方に道の駅南きよさと発見。無料のドッグランスペースやら広場、公園がありましたが、道の駅の周りには取り立てて何も見るところがなかったです。車中泊できそうな道の駅だと思ったけど夜間の照明が少なくて寂しいそうなのでやや不向きかな。ここでちょっとだけ休憩して長坂ICから中央道に乗り、富士五湖を目指しました。

それにしても・・・清泉寮やキープ牧場、谷口牧場など行ってみたいところがたくさんあったのに本当に通過するだけの清里だったなぁ。さよなら牛さん

河口湖へ
P1020375s-.jpg
中央道を一宮御坂ICで下り、御坂道と呼ばれる137号を南へ南へ。けっこうな勾配をのぼります、上り坂は軽くトラウマ。がんばれアルキング号。

河口湖大橋から
P1020385s-.jpg P1020389s-.jpg
(LUMIX)
あとでいくらでも写真は撮れるだろうと、コンデジで撮ってしまったのですが、この日はあまり綺麗に富士山が見える瞬間がなくてしょんぼりです。河口湖はこのまま一旦通り過ぎ山中湖方面へ向かいます。この日のアル先生のメインが山中湖のそばなのです。

山中湖花の都公園 http://www.hananomiyakokouen.jp/
DSC01070s-.jpg
わんちゃんOKの公園です。雑誌では30万平方メートルの敷地がありフローラルドームふらら以外無料みたいに書いてあったのですが・・・

P1020421s-.jpg
公園らしく整備されているのも今の時期お花が咲いているも、このゲートの先の有料エリア内だけでした。無料エリアはかなり広いのでコスモスやヒャクニチソウが咲いている場所もありますがやっぱり手入れの差が歴然。せっかくなので入りますとも。料金は花の時期によって異なり、今の時期は大人500円、小中学生200円でした。駐車料金は300円。たっかいなぁ。

P1020400s-.jpg
入ってすぐ2匹のドーベルマン発見。めっちゃ賢いんですよー。写真撮影のためノーリード状態でずーーーーと待てしてるんです。しつけができていてコマンドをよくきくわんちゃんならではですね・・・。

DSC01026s-.jpg DSC01028s-.jpg
我が家はそうはいかないのでいつも通り(苦笑)。それにしても富士山が見えないな。左の写真とか本当は富士山もうつるはずだったのだけど、肉眼でもうっすらしか見えないし上は雲に覆われている状態でした。まぁ、アル先生にはそんなの関係ないもんね、ゆったりお散歩できれば幸せかな。

DSC01092s-.jpg 
手入れされているとはいえ、やっぱりなんか寂しいお花畑ですね

お花畑以外にも
DSC01039s-.jpg DSC01046s-.jpg
溶岩樹型地下観察ゾーンや

DSC01050s-.jpg DSC01053s-.jpg
三連水車などもありました。

園内にはいくつか小川が流れていて水を使った遊具の広場もあります。
P1020403s-.jpg
我が家の最年長がいきなりひとりで遊び始めたので

P1020404s-.jpg
アル先生ご立腹。ワンワン吠えちゃいました。周りにいた方、すみません

さて、この公園の売りらしいフローラルドームふららに移動。
DSC01075s-.jpg 
ドーム内では原則わんちゃんは抱っこなのですが・・・15キロ弱の巨大おっさんコギに係員の人も見て見ぬ振りをしてくれました(苦笑)

DSC01081s-.jpg P1020409s-.jpg
DSC01079s-.jpg DSC01085s-.jpg
熱帯の花木にハーブガーデン、多肉植物など。ドーム内はありがちといえばありがちな雰囲気。

DSC01078s-.jpg 
フォックスフェイスみっけ。これ岡山県の高梁市の特産ですね、ツノナスというナス科の植物。

抱っこせず犬連れでうろうろするのも申し訳なかったので早々に退散。
DSC01063s-.jpg
富士山とお花畑をうつせたら納得できたかもしれませんが、この公園の500円は正直高いです。

さて花の都公園を後に、お次はアル姉が行って見たかった忍野八海へ移動です。

忍野八海
DSC01101s-.jpg P1020428s-.jpg
山梨県忍野村にある富士山の湧泉群です。。富士山の雪解け水が湧水となって8か所の泉を作る。国指定の天然記念物、名水百選に指定されています。駐車場は周囲に点在。

湧池
DSC01103s-_20111016085440.jpg DSC01100s-.jpg 
八海中最大の湧水量を誇る忍野八海メインの池というだけあって本当に美しい。

濁池
DSC01120s-.jpg DSC01106s-.jpg
濁池という名前ですがとても澄んでいます。手前を流れるのは川。

銚子池
DSC01122s-.jpg 
湧水は間欠的。名前の由来は長柄の銚子に似ていることから。

御釜池
DSC01124s-.jpg
池の口径は小さいけれど底が深いです。滾々と湧いてる感じでした。個人的に一番素敵だと思った池です

菖蒲池
DSC01131s-.jpg
菖蒲池の由来の菖蒲は確かにありましたが現在は沼地と化しています・・・

鏡池
恐ろしく濁っていました。由来は逆さ富士がうつることから。隣が工事中であまりいい写真にならなかったので撮っていないようです。

底抜池
有料の資料館内にあるので見られず。

出口池
忍野八海中最大の池。7つの池が密集している場所からさらに徒歩15分ということだったので諦めました。60代の夫婦には徒歩ばっかりは辛いようで(苦笑)

DSC01117s-.jpg DSC01113s-.jpg
濁池の横に大きな池、そしてその真ん中に中池と呼ばれる水深10mもあるとても綺麗な池があるのですが・・・こちらは忍野八海とは別で人工池なんだそうです。お土産やさんを通らないと行けないようになってるからおかしいなーと思ったら、そのお土産物やさんが作ったのだとか、紛らわしいわぃ

DSC01118s-.jpg
中池の前にこんなこと掲げられたら忍野八海なのかと勘違いしますよね。

そして湧池の隣に
DSC01130s-.jpg
こんなものがあり、30秒間手をつけてみてくださいとありました。飲料コーナーもありましたよ。本当にびっくりするくらい冷たいのに、この水の中で悠々と泳いでいるニジマスたちって・・・。調べてみるとニジマスとは「夏でも水温が摂氏12度以下の冷たい水、特に流れが速く、酸素を多く含む川に生息する」ものなんですね、タフだわ。

肉眼で見た忍野八海の美しさって写真にはなかなかおさまらないものですね。安曇野でも思ったんですよね、水を撮るのって難しい。透明度の高い水、流れのある水を上手に写す方法を誰か教えてください

さて、忍野八海の湧水を堪能したら再び河口湖へ
DSC01139s-.jpg DSC01143s-.jpg
最後に、もう一度河口湖から富士山を見るために河口湖北にある大石公園へ行ってみました。が、ご覧のとおりですよ。空は曇ってるし風は冷たいし、めっちゃ寒かった 

残念だけどこの日はここまで。宿泊地は富士五湖観光の拠点と言われる道の駅なるさわです。次回道の駅なるさわの紹介をしたら次々回は西湖・本栖湖周辺です。ではでは

にほんブログ村参加中。応援感謝です
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ 

テーマ : キャンピングカーぶらり旅 - ジャンル : 旅行

18:49  |  関東  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |