2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017'05.28 (Sun)

福岡旅行⑤ 2日目 吉野ヶ里遺跡 そのⅠ

吉野ヶ里遺跡
吉野ヶ里は 23年振りの訪問です。昔は、埃っぽい地面の所々に、復元住居や倉庫、物見櫓がぽつぽつと建っていた程度でしたが、今では、すっかり、アル姉いわく「遺跡テーマパーク」になっていました。学芸員風の方の話では、当時は、まだ調査も不十分で、よく判らないまま、適当にそれらしきものを建てていたのだとか。えっ、そうだったの? 随分と感激したのですが・・・。その場所は、南内郭と呼ばれる辺りだったようです。
さてさて、柳川川下りは、朝一番の船に乗り、見所も端折りに端折ったのですが、吉野ヶ里に着いたのは 14:00ごろ、全部見切れるのかな?

まず簡単に吉野ヶ里遺跡の紹介から。長いですが、時代背景を理解していただくために、Wikipediaから抜粋します。

吉野ヶ里遺跡は、佐賀県神埼郡吉野ヶ里町と神埼市にまたがる吉野ヶ里丘陵にある遺跡。国の特別史跡に指定されている。50haにわたって残る弥生時代の大規模な環濠集落跡で知られる。1986年からの発掘調査によって発見され、現在は国営吉野ヶ里歴史公園として一部を国が管理している。

佐賀県東部は、標高1,000メートルの脊振山地を北端に、南麓の丘陵地帯、筑紫平野、有明海へと、南に開けた地形となっている。吉野ヶ里丘陵はこの脊振山地南麓の丘陵地帯の1つである。
吉野ヶ里遺跡の特徴とされるのが防御に関連した遺構である。弥生時代後期には外壕と内壕の二重の環濠ができ、V字型に深く掘られた総延長約2.5キロメートルの外壕が囲んでいる。壕の内外には木柵、土塁、逆茂木(さかもぎ)といった敵の侵入を防ぐ柵が施されていた。また、見張りのための物見櫓が環濠内に置かれていた。大きな外壕の中に内壕が2つあり、その中に建物がまとまって立てられており、内郭の内外に建物の遺構が発見された。竪穴住居、高床住居は祭祀に携わるものやその側近が暮らしていたと考えられており、祭祀が行われる建物が内郭の中で見つかっている。また、多数の遺体がまとまって埋葬された甕棺、石棺、土坑墓は、住民や兵士などの一般の人の共同墓地だと考えられている。発掘された甕棺の中の人骨には、怪我をしたり矢じりが刺さったままのもの、首から上が無いものなどがあり、すさまじい戦いの跡が見てとれる。

縄文時代
縄文時代後期には、吉野ヶ里丘陵の周辺部に人が生活していたと推定されている。ここに人が生活し始めた大きな理由として、この地域が海と近かったことがあると考えられている。縄文時代前期には、海面上昇があり、有明海は吉野ヶ里丘陵の南端付近まで広がり、遺跡から2-3キロメートルほどの距離にあったと推定されている。有明海は干満の差が平均で5-6メートルと大きく、また遠浅の干潟を持つ。この干満の差や筑後川などの河川を利用した水運に優れたこと、貝やカニといった食料が豊富に得られたことなどの好条件が揃い、この地域に人の定住が始まったと考えられている。

弥生時代
紀元前4世紀頃には、吉野ヶ里丘陵の中に集落が形成され始め、これが大規模な集落へと発展することになる。前期には、吉野ヶ里丘陵のところどころに分散して「ムラ」ができ始める。また、南のほうの集落に環濠が出現する。中期には、吉野ヶ里の丘陵地帯を一周する環濠が出現する。集落が発展していくとともに、防御が厳重になっている。また、墳丘墓や甕棺が多く見られるようになる。後期には、環壕がさらに拡大し、二重になるとともに、建物が巨大化し、3世紀ごろには集落は最盛期を迎える。北内郭と南内郭の2つの内郭ができ、文化の発展が見られる。

古墳時代
古墳時代の始まりとともに、吉野ヶ里遺跡の濠は大量の土器が捨てられ、埋め尽くされてしまう。集落はほぼ消滅して離散してしまう。このようなことは、近畿地方や各地の環濠集落も同じような経過を辿る。また、高地性集落も消滅する。それは、戦乱の世が治まり、もう濠や土塁などの防御施設や高地性集落の必要性がなくなったからである。古墳時代になると吉野ヶ里遺跡の住居は激減し、丘陵の上は墓地として、前方後円墳や周溝墓などが築かれた。人々は、低湿地を水田に開拓出来るようになり、生活の基盤を平野に置くようになった。

引用、以上。

以前の記事で、
八代目を失った出雲族は、九代目の主王・副王を立てます。この様子を見ていた徐福は、このままここに居ても王にはなれないと判断し、息子の五十猛と母親を残して一旦帰国しますが、もう一度、紀元前 210年に、またもや始皇帝を騙して、3000人の若者と多くの熟練工、多くの資材を携えて、再び日本に上陸します。今度は、徐福は人の少ないところを狙って、有明海から、筑後川下流に上陸しました。当時の 3000人は大集団です。彼は吉野ヶ里を拠点として勢力を広げ、物部氏を名乗ります。徐福の王国は、当初、築秦国と呼ばれていましたが、それが築紫国になったそうです。・・・と書きました。

除福はここに上陸後、先住の出雲族と混血しながら次第に勢力を増し、この丘陵地帯を拠点として物部王国を作り上げていくわけですが、勢力を増すに連れ、周辺の部族との争いも増えていったのでしょう。ここの環濠による防御構造は圧巻ですが、それは徐福の故郷、中国山東省の臨淄(りんし)古城に似ているそうです。

DSC00168.jpg
公園入口

公園案内図
吉野ヶ里map
全体図は広大すぎてわかりにくいので、分割します。まず、最初に向ったのは、「南のムラ」です。

吉野ヶ里map①


DSC00169_201705101512398aa.jpg
公園に入り、天の浮橋と呼ばれる橋の上から、北を望む。奥に見えるこの建物は何だ? 後ほど、紹介。

いよいよ、遺跡の中に入っていきます。
DSC00171.jpg
木柵、土塁。

DSC00174.jpg DSC00173.jpg
環濠、逆茂木(さかもぎ)。いきなり、度肝を抜かれるような景色が現れます。これは、二重環壕の外側部分です。
子供の頃に、陣地を作ったり、落とし穴を掘ったりして、戦争ごっこをやりましたが、これは、大人の本気バージョンですね。緊張感が伝わってくるようです。同じ弥生時代ですが、妻木晩田遺跡の長閑さとはまったく異質の世界が拡がっています。

「南のムラ」
DSC00182.jpg
広場から見た「南のムラ」の風景。

DSC00189.jpg
「南のムラ」集落の説明。

DSC00188_20170511151029647.jpg DSC00186.jpg
ここは、「南のムラ」の「南の一家」の住居。

次は、「ムラ長の一家」の住居。
DSC00205.jpg

DSC00206.jpg
ムラ長の家。一般ムラ人の家に較べるとやはり大きいです。

DSC00209.jpg

DSC00199.jpg
ムラ長一家の敷地の一画には、集会所もあります。

「南のムラ」の「北の一家」は農作業の傍ら、麻布や絹布を織っています。
DSC00212.jpg

DSC00214_20170511153942efe.jpg DSC00215.jpg
絹布ということは当然、養蚕を行なっているわけですね。このように、日本でも、弥生時代には既に絹布の生産は行なわれていたということですが、除福集団が持ち込んだものかも知れませんね。

これで、ざっと「南のムラ」の紹介をしたわけですが、のんびり見ていたので、1時間以上掛かってしまいました。17:00の閉園まで、残り 2時間弱。ここからは、大急ぎで、「倉と市」 「南内郭」へと向います。

つづく。

スポンサーサイト
06:51  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'03.29 (Wed)

2017年3月・奈良旅行 法隆寺① 西院伽藍

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
使用カメラ:ソニーα55
担当:アルパパ

いつも、遅れ々々の記事ですが、3月18・19日、奈良旅行にいってきました。
今回、奈良に決めたのは、前回の記事「鴨方町歩き」で紹介したように、鴨方町家公園内の「高戸家住宅」の元型が奈良県橿原市今井町にあると知って、「じゃあ、本家の今井町を訪ねてみよう」ということになったわけです。
それだけでは勿体ないので、近くでどこか・・・。ということで、一日目は法隆寺を訪ねることにしました。

3月18日 法隆寺
9:00に倉敷の自宅を出発、途中、休憩を挟みながら法隆寺に到着したのは、13:30。
「法隆寺は何度か訪れているのですが」といいながら、前回の訪問は 1997年4月でしたから、20年振りです。詳細までは、覚えているような、覚えていないような・・・。

車を駐車場に停め、早速、参道ですが、
DSC09117.jpg
家族一同、「記憶にないよねー」と頼りないスタートです。

DSC09119.jpg
南大門(国宝)。ここら辺りから、記憶が蘇り始めました。

法隆寺については、みなさんよくご存知と思いますので、さらっと説明します。
法隆寺は、奈良県生駒郡斑鳩町にある寺院。聖徳宗の総本山である。7世紀に創建され、古代寺院の姿を現在に伝える仏教施設、聖徳太子ゆかりの寺院である。創建は金堂薬師如来像光背銘、『上宮聖徳法王帝説』から推古15年(607年)とされる。金堂、五重塔を中心とする西院伽藍と、夢殿を中心とした東院伽藍に分けられる。境内の広さは約18万7千平方メートルで、西院伽藍は現存する世界最古の木造建築物群である。法隆寺の建築物群は法起寺と共に、1993年に「法隆寺地域の仏教建造物」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。建造物以外にも、飛鳥・奈良時代の仏像、仏教工芸品など多数の文化財を有する。(Wikipediaより)

DSC09124.jpg
南大門を潜ると次は中門が、見えてきま・・・せんね。折悪しく、修理中のようです。

中門
見えていれば、こんな感じです。中門(国宝)は、仁王像(国宝)とエンタシスの柱および万字崩の高欄・人字形割束等、見所が多いだけに残念です。

拝観料を払って西院伽藍の中に入ります。1500円、最近値上げになったようです。値上げ前は 1000円。いきなり、50%アップ! 値上げの理由は、観光客が減って維持費が賄えなくなったからだそうですが、一般の経済原理から言うと、需要が減ったら値下げでしょうが・・・。

境内図
などと呟きつつ、早速、観てまわります。

DSC09143.jpg
五重塔(国宝)。倒れ掛かっているわけではありません。毎度々々、歪んだ写真で恐縮です。レンズはズーム一本で済ませたい。できるだけ軽くて、しかも広角から望遠までと欲張ると、まあ、こんなもんです・・・。
塔の高さは 31.5m、初層内部の四面には塑像の仏教譚(国宝)がありますが、暗いのと、仏教譚そのものをあまりよく知らないのとで、観てもピンとはきませんでしたが、何とか北面の釈迦涅槃だけは理解できます。

五重塔・内部北面 a02-thumb.jpg
涅槃に入った釈迦を囲んで、お弟子さんたちが嘆き悲しんでいる様子がリアルに表現されています。ガイドの方が、「この中に、阿修羅がいるのですがお判りになりますか」といっていました。お判りになりますでしょうか。

建物内部は写真撮影禁止なので、建物内部の写真はすべてパンフレットからのコピーです。

DSC09136.jpg
金堂(国宝)。手前は五重塔。

DSC09138.jpg
柱に龍が巻きついています。おっと、よく観ると、中門では観ることのできなかった万字崩の高欄・人字形割束をここで観ることができますね。

そして金堂内には、
金堂・釈迦三尊
ご本尊は釈迦三尊像(国宝:623年)。アルカイックスマイル、飛鳥仏の特徴がよく出ています。他にも、薬師如来坐像(607年)、四天王像、毘沙門天と吉祥天立像と多くの国宝があり、更に、

金堂壁画・阿弥陀浄土
金堂といえば壁画が有名ですが、残念なことに 1949年の火災で焼失。焼失壁画は収蔵庫に保管されており、金堂内に嵌めこまれているのは再現パネルです。

DSC09139.jpg DSC09150.jpg
経蔵(国宝)、鐘楼(国宝)と西院伽藍を取囲む回廊(国宝)。回廊の柱はエンタシスです。

DSC09154.jpg
講堂(国宝)。

講堂・薬師三尊
講堂内には、大きな薬師三尊像(国宝:990年)があります。

DSC09158.jpg
講堂を出たところから見た五重塔と金堂。手前は、枝垂桜と梅。梅の花は終わりですが、桜が咲くと綺麗でしょうね。五重塔は本当は傾いている?

DSC09161.jpg
西院伽藍の最後に中門の覆屋の写真を一枚。修理が終わるのは 2018年のようですね。

いや、本当に国宝だらけです。西院伽藍を出て、次に宝物殿の大宝蔵院へ向います。ここは、更に々々、国宝・重文だらけですが、一旦、ここで切って続きは次回へ。



にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

21:06  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'11.16 (Wed)

島根旅行 Part3 物部神社

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
担当:アル姉

11/04(木)
前日は道の駅キララ多岐に泊まりました。お天気は良くなりそうな気配。
r-DSC07368.jpg

この日のメインは石見銀山ですが、まずは物部神社へ向かいます。

物部神社
r-DSC07375.jpg
物部神社は石見国の一宮です。
主祭神は宇摩志麻遅命(うましまじのみこと)
物部氏の御祖神とされる神様で、ニギハヤヒの子。つまりはスサノオノミコトの孫神にあたります。

初代天皇神武天皇様の時代にご活躍になり、その後各地の兇賊を平定されて、最後に神社近くの鶴府山に鶴に乗って降臨された。国見をされたときに神社の裏山「八百山」が香具山ににていることから、宮を築き鎮座されました。
(看板より)

宮中でも行われる鎮魂祭を行うことで、石上神宮や彌彦神社と共に有名な神社です。

r-DSC07379.jpg
狛犬さん

r-DSC07380.jpg r-DSC07391.jpg
宇摩志麻遅命が石見国に鶴に乗って降臨したとも伝えられていることから境内のあちこちに鶴がいます。そして神紋は赤い太陽を背負った鶴の日負鶴(ひおいづる)。

r-DSC07382.jpg
手水舎。

r-DSC07383.jpg r-DSC07384.jpg
手水鉢に埋め込まれた5つの曲玉形の石は、富金石(ふきんせき)と呼ばれる砂金を含んだ珍しい石とされています。
この5つの珍石に触れると、石が持つ特殊な霊気によって勝運や財運などの御利益が得られるとされています。

とのことなので、一応触っておきました。

r-DSC07385.jpg
そしてこの龍さん、剣や弓を持っています。

r-DSC07377_201611092024414ee.jpg
立派な拝殿です。昭和13年(1938年)の建立。
まだ朝早いせいか参拝者は誰もいません。境内は清清しい空気に包まれ、時折聴こえてくる鳥の声が心地よく響きます。

r-DSC07386_20161110085304e8d.jpg
本殿は宝暦3年(1753年)に再建され、安政3年(1856年)に改築されたもので春日造の変形。

r-DSC07392.jpg
勝石。宇摩志麻遅命が腰を掛けられたと伝えられる腰掛岩です。本来あった折居田から保存のため境内に移されたもの。

r-DSC07398_20161110194357ee2.jpg
御神墓。神社の裏手にある八百山にあります。

r-DSC07395_20161110194355a15.jpg
社伝によれば、この墓に祭神の宇摩志麻遅命が葬られたと伝えられています。

最後に、境内で気になった場所がこちら。
r-DSC07388_20161110194810d06.jpg
これが腰掛岩だとするブログなどもあるようですが勝石=腰掛岩という説の方が多いですし、腰掛岩の説明看板も勝石のそばにありました。鶴が2羽降り立つこの場所にある岩はいったい何なのでしょうか。ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

清々しい気持ちで参拝を終え、石見銀山へ向かいます。
続きは次回。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

テーマ : 神社めぐり - ジャンル : 旅行

20:42  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.25 (Fri)

暫くご無沙汰しています

2ヶ月以上ブログの更新をしていませんね。
アル姉は、次のイベント(アル先生の誕生日)まで、まったく動く気配をみせていませんので、アルパパが何年ぶりかの投稿です。

アル先生、身体こそ動かせませんが、とても元気ですよ。


元気の理由その1・・・酸素ハウス
消化には酸素をたくさん消費するんですね。食事の後、口を大きく開けて呼吸をするようになったので、1月の初めから酸素濃縮器をレンタルし、それ以来、酸素ハウス暮しです。

DSC07831.jpg
酸素濃縮器・・・1日24時間休みなく動いてくれます

酸素ハウスもレンタル品があるのですが、アル先生、デカ過ぎて入れませんので、ホームセンターで材料を集めて自作です。
しかし、アル先生がスッポリ入るハウスとなると、やはりバカでかくなるので、やむなくお尻はハウスの外へ。

DSC07829.jpg
酸素ハウス1号
DSC07830.jpg
お尻が少しはみ出しています
DSC07834.jpg
快適だワン!
DSC07837.jpg
温湿度計でチェック
DSC07839.jpg
勿論、酸素濃度もバッチリ チェック・・・実際には30%ぐらいの濃度にしています

その酸素ハウスも、春を迎え、初夏ともなると暑くなるのではないかと心配し、現在は、二代目です。二代目は、頭だけハウスの中で、身体は外へ。これで温度管理が楽になりました。

DSC07854.jpg

DSC07855.jpg
酸素ハウス2号・・・エアコンと加湿器の設定だけでOK

温度といえば、昨秋以来、外へ出なくなり、昼夜ほとんど温度変化のない環境にいると、冬毛になりません。あれほど悩みの種だった抜け毛がありません。楽~!!


元気の理由その2・・・食事
アル先生が、ドッグフードを拒否してから暫くは大変でした。
嚥下能力が落ちて飲み込めないのでは?ということで、ウェットタイプ、ペースト、とろみ、高カロリー飲料等々を次々と買ってきて試しましたが、あれもダメ、これもダメで頭を抱えていたのですが、アルママが「アル君は、柔らかいものが嫌なのじゃない?」と、肉とパンを小さく切ってやると、「あれっ!」。
ウェットタイプ、ペースト、とろみ、高カロリー飲料等々が、お邪魔虫になったままです。

アル先生の好物は、牛モモの焼肉と自家製パン。
アル一家はあまり牛肉を食べないので、牛肉消費の大半はアル先生です。

DSC07852.jpg
アル先生の食事・・・朝は鶏ささみ、昼夜は牛肉、1日3食です


元気の理由その3・・・レイキ
もう一つ、アル先生元気のとっておきの秘密は、アルパパのレイキヒーリングです。
変性性脊髄症は、原因不明で治療法もありません。神経が麻痺し筋肉が萎えていき、最後には呼吸ができなくなって死亡に至ります。

そこで、アルパパは、会社から帰ると、ほぼ毎日、腕によりをかけて、神経の大元締めである脳から、神経の通路である頚椎・脊椎、そして、内臓にとレイキ(宇宙エネルギー)を送っています。

昨秋、レイキヒーリングを始めた頃は、ひどい不整脈で、飛び飛びだったのですが、今では、すっかり安定していますし、呼吸の方も麻痺の進行も見せずしっかりとしています。
酸素ハウスを使いだすと、外に連れて出るのがためらわれ、病気になっても動物病院へ連れて行くことができません。包皮炎になろうが口内炎になろうが、レイキ一本槍です。レイキってどうなの? と思われるかもしれませんが、結構、すぐに治ります。

DSC07847.jpg
首にレイキヒーリングを受けながら寝てしまったアル先生。口の前にあるのは酸素マスクです。

今の元気の様子なら、4月23日、アル先生14歳の誕生日は無事迎えられると思います。

23:36  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2014'06.04 (Wed)

GW伊豆旅行その7 伊豆西海岸と浄蓮の滝

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
使用カメラ:ソニーα55(レンズ:TAMRON AF18-250mm)
担当:アル姉

この記事はGW伊豆旅行その6下田の続きです。

5/4(日)
s-DSC03128.jpg
車中泊の車でごった返した道の駅でしたがそこそこ安眠できました。ただ、椅子やテーブルを広げたりテントを張ったり、挙句の果てに駐車スペースで火を焚いて50cm以上の火柱が上がっているのを目撃したときはめまいがしちゃいましたけどね。

root5-4.jpg
この日のルートです。観光としては最終日、西伊豆の海岸線を富士見ドライブ。土肥温泉からまた中伊豆方面へ、そして北上しながらちょこちょこ観光しつつ富士裾野へと戻ります。

富士山を見たいというアルパパのためにこの日はアル姉の運転でスタート。助手席に座るとガイドブックを片手にあちこち停まれと言い出して面倒くさいことこの上ありません。
s-DSC03149.jpg
黄金崎の花畑。黄金崎から北を見ると恋人岬の上にうっすらと富士山が見えました。

恋人岬
s-DSC03163.jpg s-DSC03150.jpg
愛する人の名前を呼びながら岬の先端にある鐘を3回鳴らすと恋が実るといわれる伝説の場所。駐車場から岬の先端まではかなり歩きます。先端とやや手前の2箇所に展望台があり、愛の鐘と金の鐘が設置されています。アル一家は金の鐘までで先端へは行きませんでした。老若男女さまざまな方を見かけましたが、なんていうかもう名前からしてカップル向きの観光地ですよね

s-DSC03156.jpg s-DSC03153.jpg
金の鐘は伊豆の恋人岬がグアムの恋人岬と提携関係を結んだ際に送られたもの。この展望台からでも富士山はしっかり見えます。でも暑さに負けない元気な方は先端まで行った方が景色がいいでしょうね。

s-DSC03173.jpg
その後も景色が良さそうな場所があると車を停めたり行ったり来たり大変でしたが、どこで見てもこのあたりなら同じ景色でしょうに・・・いい加減富士山とお別れをしてください

土肥から修善寺方面へと車を走らせるとだんだん交通量が増えてきました。三叉路で下田街道にぶつかったら修善寺と逆の下田方面へと少し南下すると浄蓮の滝。さらに行けば天城峠ですが滝まででストップ。かなり混み合っていましたが運よくすんなり駐車場に車を停められました。

浄蓮の滝
s-DSC03177.jpg
駐車場から滝壷まで階段を下っていくのですが、途中で木立の向こうに滝を見下ろせる場所があります。滝に近づくほどにだんだんと涼しくなり、水音も大きくなってきます。

s-DSC03185.jpg
高さ25m、幅7m、滝壺の深さは15mの大滝。名前の由来は左岸山中にあった「浄蓮寺」。滝壺にはジョロウグモの化身が棲むという女郎蜘蛛伝説があるそうです。

s-DSC03193.jpg
浄蓮の滝といえばあの名曲を思い浮かべますよね。石川さゆりさんの天城越えの歌碑がありました。ここに来たせいでアル姉は家に帰るまでずっと天城越えが脳内ループしてしまいちょっと困りました。

s-DSC03194.jpg
浄蓮の滝は、約17000年前に、滝の南東にある鉢窪山が噴火した際に流出した溶岩流によってつくられました。岩盤には柱状節理が見られます。想像していたより規模が大きいと言うか、水量も豊で大迫力。わりと近くまでいけるので水飛沫も激しくマイナスイオンたっぷりです。

s-DSC03196.jpg s-DSC03195.jpg
滝の周辺には可愛らしいわさび田があって、お隣のお土産屋さんでは生わさびやわさびを使った様々な加工品が売られていました。このお土産屋さんは丸岩安藤わさび店さんといいまして、湯ヶ島に本店があります。

s-DSC03198.jpg s-DSC03197.jpg
浄蓮の滝 天城国際鱒釣場なんてものもあり、鱒やあまごなどの渓流釣りもできます。お値段がなかなかなですが、いい思い出にはなるかもしれません。釣れたお魚はその場で食べられますよー。

s-DSC03199.jpg
わさび田があるということはやはりこれでしょう。滝を見た後はわさびソフトクリームを食べるのが王道です。え、本当?(笑) 伊豆の踊り子の銅像の前でのんきにソフトクリームを食べるシルバー夫婦。今まで食べたわさびソフトの中でもかなり美味しい部類に入ります。わさびの風味を損なわないほどほどの甘さでアル姉も食べやすかった。ふと見ると駐車場が満車で駐車場渋滞が起きていたのでさっさと出庫。

その後下田街道を北上。お昼は伊豆の国市にある「道の駅伊豆のへそ」で、と思ったのですが隣接するIZU・WORLD みんなのHawaiiansでイベントがあったり、修善寺近くの道の駅ということもあって日曜日の道の駅伊豆のへそは大混雑。駐車場はもちろん満車、あちこちに空き待ちの車が・・・ アル姉はここで車を停めるまでにげっそり疲れてしまいました。昼食とアル先生のおトイレを済ませて向かったのは同市内にある韮山の反射炉。韮山の反射炉の紹介が思いのほか長くなったので次回にしたいと思います。ではまた次回。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ

テーマ : ワンコとおでかけ - ジャンル : ペット

20:37  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT