2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017'03.29 (Wed)

2017年3月・奈良旅行 法隆寺① 西院伽藍

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
使用カメラ:ソニーα55
担当:アルパパ

いつも、遅れ々々の記事ですが、3月18・19日、奈良旅行にいってきました。
今回、奈良に決めたのは、前回の記事「鴨方町歩き」で紹介したように、鴨方町家公園内の「高戸家住宅」の元型が奈良県橿原市今井町にあると知って、「じゃあ、本家の今井町を訪ねてみよう」ということになったわけです。
それだけでは勿体ないので、近くでどこか・・・。ということで、一日目は法隆寺を訪ねることにしました。

3月18日 法隆寺
9:00に倉敷の自宅を出発、途中、休憩を挟みながら法隆寺に到着したのは、13:30。
「法隆寺は何度か訪れているのですが」といいながら、前回の訪問は 1997年4月でしたから、20年振りです。詳細までは、覚えているような、覚えていないような・・・。

車を駐車場に停め、早速、参道ですが、
DSC09117.jpg
家族一同、「記憶にないよねー」と頼りないスタートです。

DSC09119.jpg
南大門(国宝)。ここら辺りから、記憶が蘇り始めました。

法隆寺については、みなさんよくご存知と思いますので、さらっと説明します。
法隆寺は、奈良県生駒郡斑鳩町にある寺院。聖徳宗の総本山である。7世紀に創建され、古代寺院の姿を現在に伝える仏教施設、聖徳太子ゆかりの寺院である。創建は金堂薬師如来像光背銘、『上宮聖徳法王帝説』から推古15年(607年)とされる。金堂、五重塔を中心とする西院伽藍と、夢殿を中心とした東院伽藍に分けられる。境内の広さは約18万7千平方メートルで、西院伽藍は現存する世界最古の木造建築物群である。法隆寺の建築物群は法起寺と共に、1993年に「法隆寺地域の仏教建造物」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。建造物以外にも、飛鳥・奈良時代の仏像、仏教工芸品など多数の文化財を有する。(Wikipediaより)

DSC09124.jpg
南大門を潜ると次は中門が、見えてきま・・・せんね。折悪しく、修理中のようです。

中門
見えていれば、こんな感じです。中門(国宝)は、仁王像(国宝)とエンタシスの柱および万字崩の高欄・人字形割束等、見所が多いだけに残念です。

拝観料を払って西院伽藍の中に入ります。1500円、最近値上げになったようです。値上げ前は 1000円。いきなり、50%アップ! 値上げの理由は、観光客が減って維持費が賄えなくなったからだそうですが、一般の経済原理から言うと、需要が減ったら値下げでしょうが・・・。

境内図
などと呟きつつ、早速、観てまわります。

DSC09143.jpg
五重塔(国宝)。倒れ掛かっているわけではありません。毎度々々、歪んだ写真で恐縮です。レンズはズーム一本で済ませたい。できるだけ軽くて、しかも広角から望遠までと欲張ると、まあ、こんなもんです・・・。
塔の高さは 31.5m、初層内部の四面には塑像の仏教譚(国宝)がありますが、暗いのと、仏教譚そのものをあまりよく知らないのとで、観てもピンとはきませんでしたが、何とか北面の釈迦涅槃だけは理解できます。

五重塔・内部北面 a02-thumb.jpg
涅槃に入った釈迦を囲んで、お弟子さんたちが嘆き悲しんでいる様子がリアルに表現されています。ガイドの方が、「この中に、阿修羅がいるのですがお判りになりますか」といっていました。お判りになりますでしょうか。

建物内部は写真撮影禁止なので、建物内部の写真はすべてパンフレットからのコピーです。

DSC09136.jpg
金堂(国宝)。手前は五重塔。

DSC09138.jpg
柱に龍が巻きついています。おっと、よく観ると、中門では観ることのできなかった万字崩の高欄・人字形割束をここで観ることができますね。

そして金堂内には、
金堂・釈迦三尊
ご本尊は釈迦三尊像(国宝:623年)。アルカイックスマイル、飛鳥仏の特徴がよく出ています。他にも、薬師如来坐像(607年)、四天王像、毘沙門天と吉祥天立像と多くの国宝があり、更に、

金堂壁画・阿弥陀浄土
金堂といえば壁画が有名ですが、残念なことに 1949年の火災で焼失。焼失壁画は収蔵庫に保管されており、金堂内に嵌めこまれているのは再現パネルです。

DSC09139.jpg DSC09150.jpg
経蔵(国宝)、鐘楼(国宝)と西院伽藍を取囲む回廊(国宝)。回廊の柱はエンタシスです。

DSC09154.jpg
講堂(国宝)。

講堂・薬師三尊
講堂内には、大きな薬師三尊像(国宝:990年)があります。

DSC09158.jpg
講堂を出たところから見た五重塔と金堂。手前は、枝垂桜と梅。梅の花は終わりですが、桜が咲くと綺麗でしょうね。五重塔は本当は傾いている?

DSC09161.jpg
西院伽藍の最後に中門の覆屋の写真を一枚。修理が終わるのは 2018年のようですね。

いや、本当に国宝だらけです。西院伽藍を出て、次に宝物殿の大宝蔵院へ向います。ここは、更に々々、国宝・重文だらけですが、一旦、ここで切って続きは次回へ。



にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

21:06  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'11.16 (Wed)

島根旅行 Part3 物部神社

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
担当:アル姉

11/04(木)
前日は道の駅キララ多岐に泊まりました。お天気は良くなりそうな気配。
r-DSC07368.jpg

この日のメインは石見銀山ですが、まずは物部神社へ向かいます。

物部神社
r-DSC07375.jpg
物部神社は石見国の一宮です。
主祭神は宇摩志麻遅命(うましまじのみこと)
物部氏の御祖神とされる神様で、ニギハヤヒの子。つまりはスサノオノミコトの孫神にあたります。

初代天皇神武天皇様の時代にご活躍になり、その後各地の兇賊を平定されて、最後に神社近くの鶴府山に鶴に乗って降臨された。国見をされたときに神社の裏山「八百山」が香具山ににていることから、宮を築き鎮座されました。
(看板より)

宮中でも行われる鎮魂祭を行うことで、石上神宮や彌彦神社と共に有名な神社です。

r-DSC07379.jpg
狛犬さん

r-DSC07380.jpg r-DSC07391.jpg
宇摩志麻遅命が石見国に鶴に乗って降臨したとも伝えられていることから境内のあちこちに鶴がいます。そして神紋は赤い太陽を背負った鶴の日負鶴(ひおいづる)。

r-DSC07382.jpg
手水舎。

r-DSC07383.jpg r-DSC07384.jpg
手水鉢に埋め込まれた5つの曲玉形の石は、富金石(ふきんせき)と呼ばれる砂金を含んだ珍しい石とされています。
この5つの珍石に触れると、石が持つ特殊な霊気によって勝運や財運などの御利益が得られるとされています。

とのことなので、一応触っておきました。

r-DSC07385.jpg
そしてこの龍さん、剣や弓を持っています。

r-DSC07377_201611092024414ee.jpg
立派な拝殿です。昭和13年(1938年)の建立。
まだ朝早いせいか参拝者は誰もいません。境内は清清しい空気に包まれ、時折聴こえてくる鳥の声が心地よく響きます。

r-DSC07386_20161110085304e8d.jpg
本殿は宝暦3年(1753年)に再建され、安政3年(1856年)に改築されたもので春日造の変形。

r-DSC07392.jpg
勝石。宇摩志麻遅命が腰を掛けられたと伝えられる腰掛岩です。本来あった折居田から保存のため境内に移されたもの。

r-DSC07398_20161110194357ee2.jpg
御神墓。神社の裏手にある八百山にあります。

r-DSC07395_20161110194355a15.jpg
社伝によれば、この墓に祭神の宇摩志麻遅命が葬られたと伝えられています。

最後に、境内で気になった場所がこちら。
r-DSC07388_20161110194810d06.jpg
これが腰掛岩だとするブログなどもあるようですが勝石=腰掛岩という説の方が多いですし、腰掛岩の説明看板も勝石のそばにありました。鶴が2羽降り立つこの場所にある岩はいったい何なのでしょうか。ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

清々しい気持ちで参拝を終え、石見銀山へ向かいます。
続きは次回。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

テーマ : 神社めぐり - ジャンル : 旅行

20:42  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'03.25 (Fri)

暫くご無沙汰しています

2ヶ月以上ブログの更新をしていませんね。
アル姉は、次のイベント(アル先生の誕生日)まで、まったく動く気配をみせていませんので、アルパパが何年ぶりかの投稿です。

アル先生、身体こそ動かせませんが、とても元気ですよ。


元気の理由その1・・・酸素ハウス
消化には酸素をたくさん消費するんですね。食事の後、口を大きく開けて呼吸をするようになったので、1月の初めから酸素濃縮器をレンタルし、それ以来、酸素ハウス暮しです。

DSC07831.jpg
酸素濃縮器・・・1日24時間休みなく動いてくれます

酸素ハウスもレンタル品があるのですが、アル先生、デカ過ぎて入れませんので、ホームセンターで材料を集めて自作です。
しかし、アル先生がスッポリ入るハウスとなると、やはりバカでかくなるので、やむなくお尻はハウスの外へ。

DSC07829.jpg
酸素ハウス1号
DSC07830.jpg
お尻が少しはみ出しています
DSC07834.jpg
快適だワン!
DSC07837.jpg
温湿度計でチェック
DSC07839.jpg
勿論、酸素濃度もバッチリ チェック・・・実際には30%ぐらいの濃度にしています

その酸素ハウスも、春を迎え、初夏ともなると暑くなるのではないかと心配し、現在は、二代目です。二代目は、頭だけハウスの中で、身体は外へ。これで温度管理が楽になりました。

DSC07854.jpg

DSC07855.jpg
酸素ハウス2号・・・エアコンと加湿器の設定だけでOK

温度といえば、昨秋以来、外へ出なくなり、昼夜ほとんど温度変化のない環境にいると、冬毛になりません。あれほど悩みの種だった抜け毛がありません。楽~!!


元気の理由その2・・・食事
アル先生が、ドッグフードを拒否してから暫くは大変でした。
嚥下能力が落ちて飲み込めないのでは?ということで、ウェットタイプ、ペースト、とろみ、高カロリー飲料等々を次々と買ってきて試しましたが、あれもダメ、これもダメで頭を抱えていたのですが、アルママが「アル君は、柔らかいものが嫌なのじゃない?」と、肉とパンを小さく切ってやると、「あれっ!」。
ウェットタイプ、ペースト、とろみ、高カロリー飲料等々が、お邪魔虫になったままです。

アル先生の好物は、牛モモの焼肉と自家製パン。
アル一家はあまり牛肉を食べないので、牛肉消費の大半はアル先生です。

DSC07852.jpg
アル先生の食事・・・朝は鶏ささみ、昼夜は牛肉、1日3食です


元気の理由その3・・・レイキ
もう一つ、アル先生元気のとっておきの秘密は、アルパパのレイキヒーリングです。
変性性脊髄症は、原因不明で治療法もありません。神経が麻痺し筋肉が萎えていき、最後には呼吸ができなくなって死亡に至ります。

そこで、アルパパは、会社から帰ると、ほぼ毎日、腕によりをかけて、神経の大元締めである脳から、神経の通路である頚椎・脊椎、そして、内臓にとレイキ(宇宙エネルギー)を送っています。

昨秋、レイキヒーリングを始めた頃は、ひどい不整脈で、飛び飛びだったのですが、今では、すっかり安定していますし、呼吸の方も麻痺の進行も見せずしっかりとしています。
酸素ハウスを使いだすと、外に連れて出るのがためらわれ、病気になっても動物病院へ連れて行くことができません。包皮炎になろうが口内炎になろうが、レイキ一本槍です。レイキってどうなの? と思われるかもしれませんが、結構、すぐに治ります。

DSC07847.jpg
首にレイキヒーリングを受けながら寝てしまったアル先生。口の前にあるのは酸素マスクです。

今の元気の様子なら、4月23日、アル先生14歳の誕生日は無事迎えられると思います。

23:36  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2014'06.04 (Wed)

GW伊豆旅行その7 伊豆西海岸と浄蓮の滝

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
使用カメラ:ソニーα55(レンズ:TAMRON AF18-250mm)
担当:アル姉

この記事はGW伊豆旅行その6下田の続きです。

5/4(日)
s-DSC03128.jpg
車中泊の車でごった返した道の駅でしたがそこそこ安眠できました。ただ、椅子やテーブルを広げたりテントを張ったり、挙句の果てに駐車スペースで火を焚いて50cm以上の火柱が上がっているのを目撃したときはめまいがしちゃいましたけどね。

root5-4.jpg
この日のルートです。観光としては最終日、西伊豆の海岸線を富士見ドライブ。土肥温泉からまた中伊豆方面へ、そして北上しながらちょこちょこ観光しつつ富士裾野へと戻ります。

富士山を見たいというアルパパのためにこの日はアル姉の運転でスタート。助手席に座るとガイドブックを片手にあちこち停まれと言い出して面倒くさいことこの上ありません。
s-DSC03149.jpg
黄金崎の花畑。黄金崎から北を見ると恋人岬の上にうっすらと富士山が見えました。

恋人岬
s-DSC03163.jpg s-DSC03150.jpg
愛する人の名前を呼びながら岬の先端にある鐘を3回鳴らすと恋が実るといわれる伝説の場所。駐車場から岬の先端まではかなり歩きます。先端とやや手前の2箇所に展望台があり、愛の鐘と金の鐘が設置されています。アル一家は金の鐘までで先端へは行きませんでした。老若男女さまざまな方を見かけましたが、なんていうかもう名前からしてカップル向きの観光地ですよね

s-DSC03156.jpg s-DSC03153.jpg
金の鐘は伊豆の恋人岬がグアムの恋人岬と提携関係を結んだ際に送られたもの。この展望台からでも富士山はしっかり見えます。でも暑さに負けない元気な方は先端まで行った方が景色がいいでしょうね。

s-DSC03173.jpg
その後も景色が良さそうな場所があると車を停めたり行ったり来たり大変でしたが、どこで見てもこのあたりなら同じ景色でしょうに・・・いい加減富士山とお別れをしてください

土肥から修善寺方面へと車を走らせるとだんだん交通量が増えてきました。三叉路で下田街道にぶつかったら修善寺と逆の下田方面へと少し南下すると浄蓮の滝。さらに行けば天城峠ですが滝まででストップ。かなり混み合っていましたが運よくすんなり駐車場に車を停められました。

浄蓮の滝
s-DSC03177.jpg
駐車場から滝壷まで階段を下っていくのですが、途中で木立の向こうに滝を見下ろせる場所があります。滝に近づくほどにだんだんと涼しくなり、水音も大きくなってきます。

s-DSC03185.jpg
高さ25m、幅7m、滝壺の深さは15mの大滝。名前の由来は左岸山中にあった「浄蓮寺」。滝壺にはジョロウグモの化身が棲むという女郎蜘蛛伝説があるそうです。

s-DSC03193.jpg
浄蓮の滝といえばあの名曲を思い浮かべますよね。石川さゆりさんの天城越えの歌碑がありました。ここに来たせいでアル姉は家に帰るまでずっと天城越えが脳内ループしてしまいちょっと困りました。

s-DSC03194.jpg
浄蓮の滝は、約17000年前に、滝の南東にある鉢窪山が噴火した際に流出した溶岩流によってつくられました。岩盤には柱状節理が見られます。想像していたより規模が大きいと言うか、水量も豊で大迫力。わりと近くまでいけるので水飛沫も激しくマイナスイオンたっぷりです。

s-DSC03196.jpg s-DSC03195.jpg
滝の周辺には可愛らしいわさび田があって、お隣のお土産屋さんでは生わさびやわさびを使った様々な加工品が売られていました。このお土産屋さんは丸岩安藤わさび店さんといいまして、湯ヶ島に本店があります。

s-DSC03198.jpg s-DSC03197.jpg
浄蓮の滝 天城国際鱒釣場なんてものもあり、鱒やあまごなどの渓流釣りもできます。お値段がなかなかなですが、いい思い出にはなるかもしれません。釣れたお魚はその場で食べられますよー。

s-DSC03199.jpg
わさび田があるということはやはりこれでしょう。滝を見た後はわさびソフトクリームを食べるのが王道です。え、本当?(笑) 伊豆の踊り子の銅像の前でのんきにソフトクリームを食べるシルバー夫婦。今まで食べたわさびソフトの中でもかなり美味しい部類に入ります。わさびの風味を損なわないほどほどの甘さでアル姉も食べやすかった。ふと見ると駐車場が満車で駐車場渋滞が起きていたのでさっさと出庫。

その後下田街道を北上。お昼は伊豆の国市にある「道の駅伊豆のへそ」で、と思ったのですが隣接するIZU・WORLD みんなのHawaiiansでイベントがあったり、修善寺近くの道の駅ということもあって日曜日の道の駅伊豆のへそは大混雑。駐車場はもちろん満車、あちこちに空き待ちの車が・・・ アル姉はここで車を停めるまでにげっそり疲れてしまいました。昼食とアル先生のおトイレを済ませて向かったのは同市内にある韮山の反射炉。韮山の反射炉の紹介が思いのほか長くなったので次回にしたいと思います。ではまた次回。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ

テーマ : ワンコとおでかけ - ジャンル : ペット

20:37  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014'05.18 (Sun)

GW伊豆旅行その4 伊豆シャボテン公園②

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
使用カメラ:ソニーα55(レンズ:TAMRON AF18-250mm)
担当:アル姉

この記事はGW伊豆旅行その3 十国峠・伊豆シャボテン公園①の続編になります。

5/2(金)
park-map-00.gif
伊豆シャボテン公園には5つの温室(南アメリカ館・アフリカ館・森林性シャボテン館・マダガスカル館・メキシコ館)があり、1500種類の世界中のサボテンや多肉植物が生育されています。

s-DSC02797_20140515100341fcd.jpg s-DSC02798_20140515100343674.jpg
s-DSC02805.jpg s-DSC02808_201405151003458b4.jpg
見たこともないサボテンもあって綺麗だし面白いしでもっとじっくり楽しみたかったのですが、アル姉はアル先生のバギーを押していたため温室は早足で駆け抜けました。あまりの暑さにアル先生の息が辛そうでワンコokだけど暑さに弱い犬種向きではないですね。

マダガスカル館とメキシコ館の間の通路にはこんな動物たちもいました。
s-DSC02809_20140515101457bba.jpg s-DSC02810.jpg
ちょっとおまぬけな顔の子はパカです、バカじゃないですよっ。

s-DSC02811_2014051510150093d.jpg s-DSC02819.jpg
フタユビナマケモノは待っていてもお尻しか見えず。向かい合って眠るミナミコアリクイのカップルも可愛い

s-DSC02823.jpg
温室内は暑いのですが通路は涼しい。アル先生もほっと一息。

s-DSC02829_201405151026367ab.jpg
お、休憩していい顔に戻りましたね。

s-DSC02831_20140515102638a97.jpg s-DSC02832_20140515102640cbe.jpg
ここは最後のメキシコ館。

s-DSC02833_20140515102641d3c.jpg
何か物音がすると思ったら・・・いたずらっ子のモモイロペリカンさん。モモイロペリカンやインドクジャクは園内で放し飼いなんですよね。大きいのでちょっと怖い。

s-DSC02843_20140515102642dfe.jpg
シャボテン狩り工房ではシャボテン&多肉植物の寄せ植えを作ることができます。かわいいな~。

s-DSC02848_2014051510410047f.jpg s-DSC02846.jpg
お土産館が温室の出口になっています。もちろんワンコも通れます。音が出て動くぬいぐるみにアル先生も思わず変な声が出ていました

s-DSC02849_20140515104348144.jpg
サボテン公園のお隣にある大室山が綺麗に見えました。リフトだ~。あれに乗って大室山に行きたかったんだけどなぁ・・・もうお時間的に無理。気持ちを切り替えて続きを楽しむことにしましょう。

s-DSC02854.jpg s-DSC02857_2014051510472109a.jpg
ミーアキャットとアルパカさん。アルパカさんの見ている先には・・・

s-DSC02858_201405151047238a1.jpg
見詰め合う(睨み合う?)アルパカとアル先生。名前が一緒だねー、なんて呑気なムードではありません アルパカさんの口元がずっとクチャクチャ動いていて唾をかける準備をしているんじゃないかとひやひやしました。アルパカの唾はめっちゃくさいんですっ

s-DSC02859.jpg
目をそらして逃げるアル先生。君子危うきに近寄らず、賢明です。

s-DSC02860_20140515105338d26.jpg
勝者アルパカさん

s-DSC02861_20140515105644f77.jpg s-DSC02863.jpg
再びカピバラさんに遭遇。カピバラさんとは仲良く出来そうだね。君たちなんだか似てるし

s-DSC02885.jpg
割と誰彼かまわずケンカをふっかけるアル先生。
オラオラ、かかってこいよー。

s-DSC02887_2014051511010264d.jpg
うわぁぁぁ、アル姉どうしよ、ホントに来たっ

s-DSC02888_20140515110104776.jpg
えっと、あの・・・生意気言ってすみませんでした

s-DSC02925.jpg
そんなこんなで気付けば2時間近く経ってしまい、キャンプ場のチェックインに間に合うかどうか微妙な雰囲気に焦るアル一家なのでした。アル先生はまだまだやれるぜと言わんばかりに前のめりに足踏みをしていましたがシャボテン公園はここまでよ~。

この日の宿泊はモビリティパークというキャンプ場だったのですが、到着したのはチェックイン時間ギリギリでした。危なかった~。

折りたたみで紹介しきれなかった動物さんたちをのせています。もし良かったら御覧になってくださいませ。



テーマ : ワンコとおでかけ - ジャンル : ペット

18:30  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT