2018年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2018'05.25 (Fri)

宮崎旅行⑤ 阿波岐原森林公園 市民の森 逍遥

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
使用カメラ:ソニーα55 
担当:アルパパ

5月2日(水)

今日は、午前が市民の森散策、午後が青島観光という日程ですが、午後は雨になりそう。

阿波岐原森林公園は南北約 10kmに及ぶ広大な森林公園。その中で約 30haが市民の森として整備されていて、休憩所や花壇、散策路、展望台、運動場、売店などがあり、園内で利用できる貸自転車は無料で借りられます(管理事務所で手続き)。
160種・20万本のハナショウブ園がでは、毎年5月下旬~6月上旬の開花時期に合わせて「はなしょうぶまつり」が開催され、期間中は、野点・琴の演奏など各種の催しが行なわれます。ハナショウブは宮崎市の花です。
イザナギノミコトが「みそぎ」をしたという神話伝承の地「みそぎ池」、公園の南側には平安時代に記された延喜式にも記載されている江田神社があります。

宮崎市民の森
市民の森は地図の上の方のごく一部です。

江田(えだ)神社
この日、最初に訪れたのは江田神社。駐車場のところに看板があり、
DSC05105_20180516202840245.jpg
「天皇家のふるさと 宮崎」。中々すごいキャッチフレーズですね。
江田神社はイザナギ、イザナミを祀っているのですね。いつもの通り、何も調べずに来たアルパパです。

DSC05107.jpg
朝早いので観光客はまだおらず、時折、地元の方がお参りされている程度ですが、みなさん礼儀正しく挨拶をされますし、背筋も伸びてシャキッとした感じの方々ばかり。気持ちがいいですね。ああっ、写真に写っているのはわが一家であまりシャキとしていませんが。

DSC05112.jpg
お参りの後、続いて森の中を散歩するのでまる君も一緒に参拝します。

DSC05111_20180515134500d7d.jpg
境内はたくさんのご神木があり、清々しい雰囲気に包まれています。

DSC05121.jpg
拝殿。アル姉には、右上から二列で漢字が降りてきました。単発で降りてくる漢字はともかく、流れるように降りてくる漢字は、メッセージの意味が理解できないのが難点ですが、漢字が降りてくるのはかなり波動の高い神社です。

DSC05124_201805151345038ae.jpg
本殿。

DSC05125.jpg DSC05127_20180516213733751.jpg
拝殿前から脇道に入り次の目的地である禊池に向かいます。最初は森の中の細い道です。

DSC05130.jpg
まる君はこういう道が大好き!溌溂としています。

DSC05132.jpg DSC05133_201805162137354e4.jpg
少し広い道に出ました。まる君、意気揚々と歩いていますね。

DSC05142_201805240511098f9.jpg DSC05141.jpg
おおっ、道端で左手を上げて演説中のネコ型宇宙人?
実は、頭上に蜘蛛の糸にぶら下がった木の葉がヒラヒラ。

御池(禊池)
DSC05147.jpg
森の中の気持ちのよい小道を歩くこと暫し。禊池に到着しました。ここは、黄泉の国から逃げ帰ったイザナギが穢れを洗い流したところとされている場所、パワースポットとして有名です。アル姉によると、池全体からエネルギーが沸き立っているそうで、評判どおりのエネルギースポットのようです。
私とアルママは禊池に到着しましたが、アル姉はまる君の勝手気ままに付き合っているためどこにいるのやら?

DSC05144_20180516202924f2e.jpg
宮崎の神話。三貴子誕生の段。
もっとも、神話ではイザナギは海の中で身を清めたことになっていますし、文脈からして海というのはおかしい、それは滝壺を意味しているのだと解釈する人もいますが、そこはあまり拘らずに。
神話によると、そのときの禊でイザナギは 三貴子だけでなく、全部で 26柱もの神々を生んでいます。最後に生まれたのが、アマテラス、ツクヨミ、スサノオの 3柱です。また、住吉神社のご祭神、住吉大神として有名な住吉 三神もこの時に生まれています。

また、有名な「天津祝詞」。

たかあまはらにー かむずまります -
かむろぎ かむろみのみこと-もちて -
すめみおやかむ いざなぎのみこと 
つくしの ひむかの たちばなの おどの あわぎはらに 
みそぎはらひたまうときにあれませる はらえどのおおかみたち 
もろもろのまがことつみけがれを はらえたまへ きよめたまへと まおすことのよしを -
あまつかみ くにつかみ やおよろづのかみたちともに -
あめのふちごまのみみふりたてて きこしめせと ー かしこみかしこみまおす -
(色々なバージョンがありますが、これは平田篤胤版)

この祝詞に出てくる「はらえどのおおかみたち」というのは、イザナギがこの阿波岐原で禊した時に生まれた 26柱の神々の内の 15柱を総称してそう呼んでいるのですね。

阿波岐原の禊池は、この祓戸大神で有名ですが、ここでの主役何と言ってもアマテラス、ツクヨミ、スサノオの三貴子です。
前回の記事で地球は男性性のエネルギーから女性性のエネルギーに変わり、日本においては、天津神が国津神に再びバトンを渡し、これからの日本の国柄を決めていくのはオオクニヌシのエネルギーとスクナヒコナだと書きましたが、では天津神の代表であるアマテラス、ツクヨミ、スサノオはどうなるのでしょうか?

実は、この 3神はお役目を終えたそうです。

ここで、3神の役割はなんであったかを整理してみると
・アマテラス(アマテル)・・・女神ではなく実は男神ですが、太陽・光の神。光は影を生み、男と女、善と悪といった二元性、つまり我々に分離を体験させ学ばせるお役目。分離とは奪い合う心と対立・争いです。それが良い悪いではなく、これまでの地球はそういう設定であり、我々の魂はそれを味わい尽くすために、この時期を選んで地球に生まれてきているということです。
・ツクヨミ・・・二元性、分離を統合するお役目。
・スサノオ・・・新しい女性性の世界、統合の世界へ移行するに当たり、男性性の世界を破壊するお役目。

「今の世の中、どうかしているのじゃないだろうか」と心配しながら我々が見ているのは古い世界を破壊する過程です。やがて新しい世界が地平に姿を現してくるでしょう。

アマテラスさま、ツクヨミさま、スサノオさま、お役目まことにありがとうございました!

そして、数十年の時を経て統合の世界に進んだ次世代の人たちは、分かち合う心と平和な世界を見ていることでしょう。
神々の世界も変わり、神社のあり方も変わっていくでしょう。我々も外に神を見るのではなく、自分の内なる神性に気付いてそこに繋がっていくことでしょう。神社のご神鏡は、本来、内なる自神を写して、その波動に乱れがないか確認するためのものです。

今回の旅行記でのアルパパの妄想はこれで終了です。
お付き合いいただきありがとうございました。

DSC05165.jpg
禊池のスイレン。

さてさて、薀蓄を述べている内に、あちこち彷徨っていたアル姉とまる君がやっと禊池に到着しましたので、ここからアル姉にバトンタッチしてまる君の写真を披露してもらいましょう。

    
それではここからアル姉がかわります。アルパパの話は何だか難しいですね。

IMG_8690.jpg
アルパパとアルママはがみそぎ池でのんびりしている頃、私はまる君の下僕となってあっちへふらふらこっちへふらふら。

DSC05143.jpg
あ、看板。フローランテ宮崎かぁ・・・行ってみたかったところですがペット禁止なのです

IMG_8706.jpg
みそぎ池が見えてきましたがまる君は近づこうとはしません。

IMG_8703.jpg
だってお水は好きじゃないにゃ。

IMG_8702_201805162022148a5.jpg
15分くらいでしょうか、まる君にお付き合いしているせいでいつまで経ってもみそぎ池に行けないアル姉です・・・。

IMG_8712.jpg
こうするしかないです。何て不服そうな顔をしてるんでしょう(苦笑)
しばらくみそぎ池でゆっくりした後、続いてはみそぎ御殿という場所へ向かいました。

DSC05168_20180516203341d30.jpg
市民の森の小道は本当に気持ちがいいです。お散歩している人達もとてもフレンドリーに声をかけてくれました。

DSC05169.jpg
さて、みそぎ御殿に到着・・・ですが、境内は撮影禁止なので看板だけ。

DSC05170_20180516203345a6a.jpg
昭和34年11月15日から12月9日にわたり大神の御神霊より「阿波岐原みそぎ御殿を建つべし」とのご神託と御殿造営現地に誘導があり、これが神名ならびに御殿のはじまりとなり昭和40年2月15日にみそぎ御殿が奉建されたとのことです。

御祭神は
 豊受大御神(とようけおほみかみ)
 倭姫命(やまとひめのみこと)
 瀬織津姫命(せおりつひめのみこと)
 伊弉冉尊(いざなみのみこと)
 級長津彦命(しなつひこのみこと)
 級長戸辺命(しなとべのみこと)
 天照皇大御神(あまてらすすめおほみかみ)
 月讀尊(つくよみのみこと)
 伊弉諾尊(いざなぎのみこと) 
伊勢神宮から御霊をいただいた神社なので伊勢神宮と同じ「二拝・八拍手・一礼」で参拝するようです。

次から次へと参拝者が訪れるのですが、皆様なんというかコアな参拝者というかただならぬオーラの方ばかりです。たまたま存在を知って観光がてらふらっと立ち寄ったアル一家はなんだか場違いな気がして参拝後早々に引き上げました。

その後昼食休憩をとるために市民の森の駐車場へ移動。
simin.jpg
市民の森マップ。

DSC05178.jpg
管理事務所。

DSC05185.jpg DSC05186.jpg
花菖蒲園。

DSC05188.jpg DSC05189.jpg
運動広場と野良猫ちゃん。とても人懐っこい子でしたが、我が家には猫がいるもので・・・ごめんよ。

DSC05192_2018051621334144c.jpg
はい、昼食後にぐで~っとのびている我が家の猫です。

DSC05193_20180516213342af3.jpg
この宮崎旅行中はあらゆるところで野良猫ちゃんに出会いました。君は何て恵まれた生活を送っているんだろうね。

DSC05195.jpg DSC05196.jpg
もう少しゆっくりしたかったのですが、午後から青島観光を予定していたのでシーガイアを見ながら市民の森にさよならしました。

ここで問題発生。雨が降ることは旅行前から分かっていたはずなのにレインコートも忘れ、傘も人数分持ってきていないことが判明したアル一家。まる君のごはんもどうやら計算ミスで足りません。なんて事だ、困ったぞ!!
IMG_8718.jpg IMG_8720.jpg
そんなこんなでイオンモール宮崎へ寄り道です。あまりに大きなイオンモールでびっくりしました。イオン岡山とイオン倉敷を有する岡山県民もびっくりの大きさでした。おかげで夕食の買い出しから忘れ物の買い足しまですべて完了。まるのフードは普通のスーパーやドラッグストアでは手に入らないので本当に助かりました。

次回は青島観光をお送りいたします。ではでは。
参加中です。ぽちっとしていただけると励みになります
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
スポンサーサイト

テーマ : 九州の旅 - ジャンル : 旅行

01:11  |  九州  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT