2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2017'07.21 (Fri)

鞆の浦 (6/17)

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
使用カメラ:ソニーα55
担当:アル姉

鞆の浦 (6/17)
tomo.png
今回は鞆の浦の穴場というかあまり人は行かないかもしれないスポットを巡ることにしました。
沼名前神社と安国寺です。しかしその前にどうしても行きたかった園福寺にも寄ってもらいました。

DSC01398_20170712222553e90.jpg
道中に見つけた鞆ノ津ギャラリーありそ楼と千鳥食堂。

DSC01399_20170712222555f83.jpg
ありそ楼さんは大正にできた築100年の木造三階建てを利用したギャラリー&カフェ。様々なイベントに場所を提供されているそうです。味わいがありますね。

DSC01400_2017071222412423b.jpg
細い路地。この階段の先に圓福寺があります。

DSC01401_201707122301124f8.jpg DSC01403_20170712230114a87.jpg
崖の上レストラン ボス・キャット。猫をモチーフにした看板がとても可愛らしいです。

DSC01408.jpg
そしてさらに階段を上ると圓福寺。鞆の浦のお寺と言えば福禅寺が有名なのですが、こちらもある理由でとても人気のスポット。「ウルヴァリンSAMURAI」のロケ地にもなりましたがアル姉のお目当ては・・・。

DSC01405_201707122309067c8.jpg DSC01406_20170712230908c20.jpg
この猫ちゃんたちです。面倒をみているボランティアの方にもお話を伺うことができました。猫を飼いたいと言われたらたまらないと思ったのかアルパパは圓福寺でいっさい猫ちゃんに近づいてきません。結局この一週間後にまるに一目惚れするわけですが、何が起こるかわからないものですね。

DSC01407.jpg
伸び伸びと幸せそうに見えますが、猫を迷惑に思う人がトラバサミを仕掛け被害にあい、3本足になってしまった猫ちゃんもいました。

DSC01418_20170712231140d75.jpg
ボランティアの方々餌やり・避妊去勢手術・トイレの設置などの活動をなさっています。

DSC01420.jpg
募金箱。少しだけど入れされてもらいました。我が家は保護猫を迎えることはあきらめましたが保護猫・保護犬活動などをなさっている方々に協力していくことができればと思っています。

DSC01411.jpg DSC01417_20170712232545ea1.jpg
ちなみに圓福寺は猫だけのお寺ではありません。景色もなかなかのものです。仙酔島と鞆の浦のシンボルである常夜燈が見えます。

DSC01419_20170712232043767.jpg
名残惜しいけれどアルパパの行きたかった神社へ向かうことに。

e10f17f73d61841c71a07f8e7aafa8c1.jpg DSC01421.jpg
いろは丸事件の賠償の交渉が行われた場所。いろは丸事件というのは日本で初めての蒸気船同士によっておきた衝突事故。坂本龍馬率いる海援隊の乗り込んだ蒸気船「いろは丸」が紀州藩の蒸気船「明光丸」と鞆の浦沖で衝突したというものです。後で知りましたが現在は旅館として営業されており1階は宮崎駿監督がデザインしたレストランになっているそうです。


DSC01422.jpg DSC01423.jpg
鞆の津の商家。主屋は江戸時代末期の建築。無料公開中でしたが時間の都合でパス。

DSC01425.jpg
鞆の浦と言えば薬味酒の保命酒が有名ですが実はアル一家は一度も飲んだことがありません。鞆の浦には4軒の醸造元があり、こちらは入江豊三郎本店さん。

DSC01429_201707130017203f6.jpg
てくてく町歩きしながらやっと見えてきた鳥居。

DSC01433_20170713001821b8f.jpg
沼名前神社。「ぬなくまじんじゃ」と読みます。難しいですね。

DSC01436_20170713001904e17.jpg DSC01437.jpg
神門と狛犬さん。もう片方の狛犬さんは植え込みに隠れて視界が悪そうでした。

DSC01441.jpg
拝殿。沼名前神社は、明治に渡守神社(わたすじんじゃ)・鞆祇園宮(ともぎおんぐう)を合祀し、『延喜式』神名帳の記載にならって「沼名前神社」と改称したもの。


DSC01444_2017071301173844a.jpg
本殿。2柱を祭っており、主祭神が大綿津見命(おおわたつみのみこと) - 旧渡守神社祭神、相殿神が須佐之男命(すさのおのみこと) - 旧鞆祇園宮祭神。

DSC01447_20170713011741e71.jpg DSC01446_20170713011739e8b.jpg
拝殿の左右に建つ石灯篭の周りには小さな十二支たちがたくさん並べられていました。

DSC01452_201707130117425ec.jpg
たくさん並べられた力石。

DSC01456_20170713012745464.jpg DSC01455_20170713012743254.jpg
豊臣秀吉遺愛の能舞台があるというので楽しみにしていましたが内部は見ることができませんでした。かつて京都伏見城にあったものを、福山城主・水野勝成が二代将軍・徳川秀忠より拝領し、それを沼名前神社に寄進したとのこと。分解して移動できる組み立て様式の能舞台で国指定の重要文化財になっています。

DSC01442.jpg
境内から望む仙酔島の中弥山、大弥山。この神社はちょうど仙酔島に向けて真正面になるように建てられているのですね。

DSC01430.jpg DSC01459.jpg
沼名前神社の参道で「国宝安国寺釈迦堂」という碑を見たのでそちらに行ってみることに。鞆の浦はどこも綺麗に石畳が整備されていて歩いていて気持ちがいいですね。

DSC01460_20170713014209f58.jpg
突き当りが安国寺。無人で拝観料を入れる箱が置かれていました。一人150円。

DSC01474_20170713014505a1a.jpg
釈迦堂正面から。重要文化財。塀との距離が短すぎて全体が入りません。

DSC01472.jpg DSC01473.jpg
釈迦堂裏手から。

DSC01464_201707130143529b4.jpg
木造阿弥陀如来及び両脇侍立像(重要文化財)
木造法燈国師坐像

国宝という碑がありましたがwikipedeliaによると
昭和2年(1927年) - 釈迦堂が重要文化財(当時の国宝)に指定される
昭和17年(1942年) - 阿弥陀三尊像、法燈国師像が重要文化財(当時の国宝)に指定される
とあるので、当時の国宝であって現在は重要文化財のようですね。

DSC01466_20170714220837900.jpg DSC01469.jpg
法堂(方丈)跡と作庭家・重森三玲が復元修理した枯山水の庭園。庭園は室町時代の造園。慶長四(1599)年、安国寺恵瓊による修築時に蘇鉄が植樹されたと言われています。

DSC01475.jpg
気が付けばもう夕方でした。お馴染みの鯛ちくわを購入して帰路へ。

DSC01478.jpg
帰宅時の空。本格的な夏を迎える前にたっぷりとお散歩を楽しめる有意義なお出かけになりました。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
スポンサーサイト

テーマ : ちょっとおでかけ - ジャンル : 旅行

23:38  |  中国  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'07.17 (Mon)

生後83日、キャンピングカー初搭乗

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
担当:アル姉

7/17(月)

祝日でアルパパもお休みだったのでまるを連れてキャンピングカーへ。しばらくの間はキャンピングカーの中を自由に見てもらったり遊んだりして、安心できる場所、楽しい場所なんだということを覚えてもらう作戦です。

DSC09045_201707172258098f2.jpg
キャリーバッグに入れ駐車場へ。この日も余裕の30℃超えだったので発電機を回してクーラーをかけます。

DSC09129.jpg
キャリーバッグ。リュックにもなるタイプです。中にひえひえの冷却材2枚+タオル数枚+まるを入れているせいでなかなかの重さ。

DSC09130.jpg DSC09131.jpg
にょきっと。サイドはメッシュで開閉可能ですが上から出てくるのがお好きみたいです。

DSC09052.jpg
キッチン。普段はマンションで窓からはベランダしか見えないため窓からの景色に興味津々です。

DSC09049.jpg
リアベッド。やはり窓が気になる。

DSC09059_20170717230354810.jpg
ん?と見上げた先はリアベッドの2段目(2段目は取り払っていますが一部は荷物置き場として残してあります)

DSC09090_201707172309162f5.jpg
リア二段目。ごちゃっと荷物置いてありますが(苦笑) 普段旅行に行くときにバッグなどを置く場所です。

DSC09093.jpg DSC09096.jpg
逆側。こっちはまるのために使えそうかな。

DSC09063.jpg DSC09098.jpg
爪とぎもご用意。滞在中何度か使用してました。

DSC09077.jpg
トイレはケージ内のと同じタイプ。自宅のお部屋にはもう一つ大きなトイレも置いてあります。そっちのほうが砂の散らかりは少ないのですが人間が蹴ってしまいそうなので・・・。

DSC09065.jpg
ほんの数分探検してとりあえずおトイレへ行くみたいです。

DSC09066_2017071723131178c.jpg
なんとも言えない表情で用を足してらっしゃいます(笑)

DSC09068.jpg
探索再開してエントランス部分。お留守番させたときここに居た場合開けたら脱走されてしまうので何か対策を取らなくてはならない最重要ポイントです。

DSC09047_20170717230350e54.jpg
運転席にも行ってきました。走行中に来てほしくない場所ナンバー1の場所ですよね。万が一足元に来られたら・・・と思うと立ち入り禁止にしたい場所です。

DSC09074_20170717231726fba.jpg
テレビ下の収納を覗いてます。

DSC09078_201707172319503e4.jpg DSC09089_20170717231951d49.jpg
今までは色々なものをしまっていたのですが、こういうところってもしかして猫が好きな場所なのでは?とまるのためにあけました。かごも用意してありますが、使ってくれる日は来るのでしょうか。アル兄さんも見守っています。

DSC09081_20170717231728d1f.jpg
テーブルから大きな窓の外を見ています。やっぱりお外の景色は新鮮かな?

DSC09100.jpg DSC09102_201707172322186d8.jpg
あちこち探検して落ち着いたのはトゥルースリーパーが敷かれたアルママのベッドでした。毛づくろいを始めています。

DSC09107.jpg DSC09109.jpg
気づくとペタンとなって寝ていました。

DSC09126.jpg DSC09120.jpg
最後にバンクの探検。猫ちゃん連れのキャンピングカー旅行のブログを拝見したことがあるのですが猫ちゃんはバンクもお好きなようです。

DSC09128.jpg
まだ一人では降りられないのでのせたくない場所ですね。

DSC09134.jpg
40分ほど滞在して自宅へ帰りました。普段だったら寝ているお時間にお出かけしてしまったので爆睡中です。
キャンピングカーに行く時は一言も鳴かなかったのに帰りはニャーニャーと鳴いていました。今度はどこに連れていかれるのかと不安だったのかな。

夜のまる君。
DSC09139_20170717232812f83.jpg DSC09141.jpg DSC09145.jpg
実は夕飯中だったのですが何だかとても可愛かったので全員が食事の手を止めて「カメラカメラ!」とバカ騒ぎになりました。

DSC09143_20170717233057aef.jpg
今日は初めてのキャンピングカーで疲れてるんじゃないかと心配しましたがそうでもないのかな。

DSC09146.jpg
と思いましたがこの後夕食はあまり食べませんでした。遊んだり甘えたりはしっかりするのですが食欲だけがない感じで。楽しく探検しているように見えたけどやっぱり相当なストレスだったのかな。ごめんね
人間のエゴだけどペットホテルに預けるよりは移動式のお家で一緒に行動したほうがいいんじゃないかと思うんですよね。なのでまたキャンピングカーに遊びに行こうね。

あ、仙酔島の続きの鞆の浦が延び延びになってしまってますが、次のアップで(苦笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

23:39  |  にゃんこ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017'07.15 (Sat)

すくすく育っています

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
担当:アル姉

まるが我が家に来て2週間、今日は2回目のワクチンの日でした。
s-IMG_6332.jpg s-IMG_6334.jpg
キャリーに入れられて初めてのお出かけです。まるがいたペットショップに月2回ほど獣医さんが来てくれるのでそこへ行きました。

まずは体重測定。体重はなんと1.63kgになっていました。我が家にお迎えした日は1.12kgだったのでわずか二週間で驚きの500グラム増です。先生のお話では心臓の音も問題なく、良い体つきですくすくと育っているそうです。我が家では比較的大きな顔をしているまるですが待ち時間も診察中もまさに”借りてきた猫”状態でおとなしいでもワクチンを打たれる瞬間だけ少し暴れました。

ワクチンのあとにフィラリアのお薬が必要かどうか聞かれました。猫ちゃんではほとんどの方が断るそうなのですが、まるはお出かけ猫になる可能性も高いので背中に垂らすだけのスポットオンタイプのレボリューションというお薬もいただいて帰りました。フィラリアの予防、ノミの寄生予防、ノミ成虫の駆除、ミミヒゼンダニ(耳ダニ)駆除が同時にできるお薬です。アルのときはフィラリアとノミダニ予防は別だったのに、オールインワンのタイプもあったんですね。

心配事と言えば耳が汚れやすいとは言われてましたが、けっこうな頻度でかゆがっていて外耳炎になっているかもしれないので近々動物病院に連れて行こうと思います。病院通いにキャリーバッグが使われて嫌な思い出ばかりにならなければいいけど。

この一週間のダイジェスト。
7/8
s-DSC08922.jpg
お気に入りの場所その1。アルパパのリラックスチェア。

s-DSC08921.jpg
このころはまだ1.3キロくらいでした。

s-DSC08926.jpg
初めてハンモックで寝てくれました。でもよく頭が落ちています。疲れないのかなぁ・・・。

s-DSC08935_2017071520113822f.jpg
早朝からの大運動会に皆少し睡眠不足気味です。狩りの練習なのかダッシュばかりしています。まるで弾丸のよう。猫じゃらしはパンチして噛んですぐ壊しそうな勢いです

s-DSC08978_20170715201140cef.jpg
日中はケージの中でぐっすり眠ります。ケージの扉を開けていても熟睡モードのときはケージの中がいいみたいです。安心できる場所として認識してくれたのはありがたいことです。

7/10
s-DSC08981.jpg
爪とぎタワーに付属してるネズミさんのしっぽがとれました 一週間くらいかなぁ、短命なしっぽでした。でも本体はまだ元気なのでまるもパンチしまくっております。

7/15
s-DSC09005.jpg
数日前に暑さ対策に購入したアルミ鍋をやっと使ってくれました。今までは中に入ってもすぐ出ていたのですが気に入ってくれたかな。

s-DSC08987.jpg
くるんとまるまって寝るのかと思ったらちょっと想像と違いました。伸びてます。

s-DSC09006.jpg s-DSC09007.jpg
お気に入りの場所その2。カーテンの向こう。一番好きな場所かな?じっとしているうちはいいのですがカーテンで遊び始めたら強制退去させられています。

s-DSC08994.jpg
スマホやデジカメのストラップで遊んでしまうのが困りもの。アル姉の髪の毛にもとびかかってきます。

にゃんこというのは本当にわんことはまるで違いますね。アル一家も振り回されっぱなしです。でも本当に毎日色んな喜びや発見があって生活が色鮮やかになった感じです。アルまるが対面したらどんな感じになっていたんだろうとありえない想像をして思わず笑ってしまいう今日この頃なのでした。

近いうちに、まずは止まったままのキャンピングカーの中を探検してもらおうと思っています。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

20:31  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'07.11 (Tue)

仙酔島 (6/17)

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
使用カメラ:ソニーα55
担当:アル姉

6/17(土)仙酔島
ブログにアップするのは6年ぶりになります。広島県の仙酔島・鞆の浦に行ってきました。
IMG_2863.jpg
(昨年1月。鞆の浦 福禅寺・對潮楼より)

DSC01303.jpg DSC01298.jpg
鳳凰のような雲を見つけご機嫌のアルパパ。実は梅雨入り宣言のあった直後だったんですが本当にいいお天気です。ボンネットバスは鞆の浦の定期観光バス。ノスタルジックでいいですね。今回一番遠いけれど一番大きな鍛冶駐車場に駐車したのですが、いつのまにか立体駐車場化されていてアルキング号で来ていたら危ないところでした。ちなみにこの日の足はアウトランダーです。

仙酔島は有名なパワースポット。その昔、宮島厳島神社・大鳥居建立の第一候補地だったといわれている場所です。そして鞆の浦は崖の上のポニョのモデルになったことで有名な街です。2011年8月の記事はこちら
DSC01305_20170630230758459.jpg
福山市営渡船「平成いろは丸」に乗って仙酔島へ。大人往復240円です。

sensui.png
仙酔島マップ。

DSC01309_20170630232232858.jpg DSC01308.jpg
鞆の浦から仙酔島まで渡る5分ほどの間に必ず目にすることになる弁天島。

DSC01321_20170630231934001.jpg
渡船場近くにある海食門。

仙酔島には小弥山•中弥山•大弥山•御膳山があり、山頂に展望台や神社が祀られています。まずは桟橋近くの御膳山展望台へ。
DSC01322.jpg
行啓記念碑。大正十五年五月二十四日 昭和天皇が皇太子の時にこの場所で鯛網を観覧されたとのこと。なぜか東郷平八郎の書です。

DSC01324_20170630233428262.jpg
そしてここからは弁天島を眼下に見ることができます。対岸はもちろん鞆の浦。いろは丸がいる場所が渡船場です。

DSC01323_20170630232825b61.jpg
弁天島の説明看板。船をチャーターすれば上陸することもできると聞きましたが簡単には行けない場所のようです。

DSC01327.jpg
続いて御膳山を下から見てみます(さらに背後は弁天島)

DSC01328.jpg DSC01329.jpg
御膳山の岬にあった海食門は平成20年に壊れてしまったようです。溶結凝灰岩。

DSC01338.jpg
電磁波をアースできるという浜、田ノ浦へ。夏は海水浴場として賑わいます。目の前に見えるのは皇后島。

DSC01331_20170701001202462.jpg DSC01330.jpg
神功天皇が仙酔島に渡る前この島に船をこぎ入れ小舟に乗り換えて移動したことから、「皇后島」と名付けられたそう。まるで入り口のような入り江があります。

DSC01389.jpg P018396198_480.jpg
またこの田ノ浦周辺には二つのお宿があります。人生の変わる宿「ここから」と国民宿舎「仙酔島」。「ここから」には現天皇陛下が、皇太子時代(昭和42年)にご宿泊した貴賓室があります。一度中へ入ったことがありますが景色も素晴らしく素敵なお部屋でしたよ。

しかし今日は国民宿舎の方へ。
DSC01333.jpg IMG_6206.jpg
風花さんというレストランで腹ごしらえ。鯛の兜煮がとても美味しかったです。6年前よりメニューが減った気がするのは気のせいかしら?

お腹いっぱいになったので散策再開。
DSC01343.jpg DSC01342_20170701002921d21.jpg
断層からわかる様々な大地の動き。

DSC01346.jpg DSC01345_20170701003143b12.jpg
仙酔層(頁岩・砂岩・礫質砂岩からなる地層)。

DSC01355_20170701003148e34.jpg DSC01354_20170701003146ddc.jpg
断層と海食洞。

DSC01356.jpg
五色岩。仙酔島で一番有名なスポットでしょうか。

DSC01357_20170701003932386.jpg DSC01358.jpg
青・赤・黄・白・黒の5色の岩が海岸に延々と1キロに渡って続いています。そうそう、瀬戸内海の真ん中に位置する仙酔島は潮の満ち引きの高低差、満干差が4メートルもあるのだそうです。昨年1月に訪れた時は遊歩道を渡れないほど潮が満ちていて苦労したのですがこの日はかなり引いていて悠々と散策できました。

DSC01361.jpg DSC01360_2017070100472558d.jpg
島全体がパワースポットとも言える仙酔島の中でおすすめだという場所がここです。五色岩よりさらに進んだ場所にあります。若い女性がたまにこのくぼみに入って瞑想していることがあります。この日は誰もいなかったので独り占め~。

DSC01368.jpg
彦浦。3時間で自分の役割・役目に気づく場所と言われていますが、アル一家がいたのはせいぜい10分でしょうか(苦笑)

DSC01369.jpg DSC01373.jpg
しかもアルママは石を探して遊んでるし、アル姉は石を投げて遊んでるしだめだこりゃ。

DSC01367.jpg DSC01374.jpg
アメンボサイクルなるものがありました。とても楽しそうです。感謝の塩、ここは仙酔島の塩工房です。

DSC01375.jpg
山の中へ続く遊歩道。

DSC01376_201707010059439e0.jpg
赤岩展望台。

DSC01377_20170701010222e32.jpg DSC01382_201707010102230fe.jpg
途中にあった不思議な木。生命エネルギーが噴出してるみたいです。

DSC01383_20170701010448c26.jpg
実はこの日、風邪気味で朝は調子が悪かったのですが、仙酔島にいる間は本当に気持ちがよくて風邪もどこかへ行ってしまいそうな気分でした。とは言えちょっと山登りはしんどかったのでごく普通に短時間のコースを回りました。

DSC01384.jpg DSC01385_201707010105402a9.jpg
中弥山・大弥山への登山口。またの機会に、と言いながらなかなか登れずにいます(苦笑)

田ノ浦に戻ってきました。
DSC01387.jpg IMG_6213.jpg
携帯電話基地局アンテナの立つマンションに住み、PCだのスマホだのを使いまくるアル姉。電磁波まみれなのでアースさせてもらいました。勢いあまって水にまで入ってしまいましたが暑い日だったので冷たくて気持ちがいい。

DSC01390_20170711230104e70.jpg
もっとぼーっとしていたい気もしましたが鞆の浦でも行きたい場所があったのでしばらく涼んだ後再び平成いろは丸で鞆の浦へ戻りました。

おまけ
DSC01332.jpg
仙酔島にある看板。「おかえりなさい」このひとことに何だかほっとする島です。ありがとう。たっぷり充電したよ。また帰ってくるね。

鞆の浦は次回です。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り - ジャンル : 旅行

23:05  |  中国  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'07.05 (Wed)

はじめまして。まるです。

画像をクリックするとアップロードサイズでご覧いただけます。
担当:アル姉

こんばんは。梅雨前線が猛威を振るっていますが皆さまの地域は大丈夫でしょうか?

愛犬のアルが旅立って1年と2か月が経ちました。わんちゃんを見かけるたびに可愛い可愛いと言いつつも、アルパパもアルママもわんこはもちろん生き物はもう飼うつもりはないと決意は固かったはずでした。しかし車旅を再開し、旅行先で度々猫さんたちと触れ合う機会がありまして、それが影響したのかわかりませんがこの度我が家に新しい家族としてにゃんこを迎え入れることになりました。
MALU_20170705120510420.jpg
マンチカンの男の子「まる」と申します。
正式にはMALU、ハワイ語で平和という意味です。
マンチカンですが長足です。
お誕生日は2017年4月25日。
現在二か月と10日ほどです。

命名に関してはマナ、レア、アネラ、マロン、ココなど色々オシャンティーな名前も候補に挙がったのですが、目も顔もまん丸だから「まる」だねなんて私が最初に冗談で言った名前が普通に定着してしまいました。ハワイ語で平和という意味というのは後付けで、オシャンティー好きなアルパパを納得させるために調べました(笑)
この名前は呼びやすくていいのですが、みんなたまに「アル」と呼び間違ったり、ちゃんと「まる」と発音しているのに「アル」と聞こえたり紛らわしいのですよね。ですからやっぱり他の名前にしたらどうかと提案してみましたがもう他の名前は考えられないとアルママに却下されました。

最初は保護猫を迎え入れるつもりでしたが「ベランダやお庭に出すのも禁止の完全室内飼育」「高齢の家庭はダメ」「初めて猫を飼う家庭はダメ」など譲渡条件は我が家には少々厳しいものがありました。そこで保護団体さんではなく、一般の方からの里親募集なども探していた時に「猫グッズって何円くらいなのかなぁ?」と立ち寄ったペットショップで出会ってしまいました。アルに出会った時と同じ感覚になってしまう子猫に出会ってしまったんです。

IMG_6258_20170705124514c3d.jpg
それまでにも何十匹という子猫を見てきたしもっと可愛い子もたくさんいたのに不思議なくらい全く違う感覚なんですよね。目ヤニは出てるし、前足は太いし、一人で暴れまわってるし・・・でも「ああ、この子だ。早く家に連れて帰らなきゃ」という気持ちになり、とりあえず数枚の写真と動画を撮って帰宅。それを見たアルママとアルパパも同じ気持ちになったようで簡単に陥落してしまったのです。

実は私が出会った日はまさにデビュー初日でした。「あんなにかわいいんだからほかの人に飼われてしまうかもしれない」と早速親バカ全開のアルママとアルパパがその翌日には朝いちでショップに足を運び即契約となりました。でも脱走防止対策を準備したり、ケージを用意したりと準備が必要だったので引き取りは一週間後。待ちきれなくて通い倒したのは言うまでもありません。引き渡し日には一応軽く獣医さんの診察もありました。軽い猫風邪をひいているけどこの状態なら大丈夫そうだし、そのほかは健康だということで7/1(土)にめでたく我が家に引っ越してまいりました。目ヤニがいっぱい出てたのは猫風邪だったからなんですね。

DSC08875.jpg
好奇心旺盛で我が家に来た初日から元気いっぱいです。まだ環境に慣れていない状態でストレスもかかるだろうし猫風邪の完治のためにもたっぷり寝てくれないと困るのですが、ケージの中に入れていても全く寝てくれません・・・。思い返せばこの1週間、ペットショップのケージの中でほかの猫が眠ってる時間帯も一人で暴れまわっていた子でした

DSC08884.jpg
ごはんもモリモリ食べて良いうんPもモリモリしております。

DSC08899.jpg
我が家に来て三日目、だいぶリラックスして眠るようになりました。

DSC08910_201707051305371b1.jpg
耳掃除中のまる君。目ヤニも減ってきました。
引き渡し日に念を押されたのが「この子はきっと大きくなります」ということと「耳がとても汚れやすい子なのでまめに掃除してあげてください」ということでした。アルとの符合が多くて何だか笑ってしまいます。そういえば毛色がレッド&ホワイトなのも、靴下柄なのも一緒ですね。コーギーが白靴下なのは当然ですが(笑)

DSC08912.jpg
「この子はかなりやんちゃだと思います」とショップの店員さんと獣医さんに太鼓判を押されたまる君。「猫がいると家の中がボロボロになるから嫌なんだ」と言いながらもデレデレでメロメロになっているアルパパに笑いが止まりません。少しずつキャンピングカーにも慣れてもらって旅行に連れて行けるようになったらいいなと考えています。もちろんキャンピングカーからの脱走防止策なんかもアルパパが頑張ってくれると思います。

マンチカンは先天性の病気なども含め病気の多い種類だという事は知っています。それでも最後までこの小さな命に責任をもって向き合っていく覚悟で我が家に迎えることにしました。アルの時と何ら変わりはありません。この度新たにまるを迎えましたが「アル姉・アルパパ・アルママ」の名前はこのままでいきたいと思っています。これからもどうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

21:11  |  にゃんこ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT